【クアラルンプール】再掲:ジャマイカ娘との出会い

今回のリバイバル記事はクアラルンプール

2010年10月の記事です。私にとって人生初の黒人体験ゆえ、非常に印象深い出来事でした。

クアラルンプールのビーチクラブ

 

◎出会いはビーチクラブ

 

クアラルンプールの出会い系SPOTは、質量ともにシンガポール以上だと確信した今回の遠征ですが、個人的には人生初の黒人、しかもアフリカではなくジャマイカ尾根遺産と対戦しちゃいました。

中南米は私にとって未開拓の地。

ジャマイカのイメージは陸上選手です。オッティ選手とかを五輪や世陸で見ていて、なんていう盛り上がり方のオシリなんだろうと。

今回クアラルンプールで会話した黒人娘は、ケニア産、タンザニア産もいたのですが、ルックスでジャマイカの彼女が最も好みに近かったのでテイクアウト。

クアラルンプール女性

◎ジャマイカ的Hスタイル?

 

で、そのオシリなんですけど、もっと筋肉質で硬いのかと思いきや、すんごいやわらかさ!

他に適当な例えが思いつかないのですが、水を入れた風船のようでした。

ポニョン! ポニョン! って感触で、なんともいえない揉み心地の良さ。

あの柔らかさで、どうしてあの形状をKEEPできるのか不思議です。

エッチはアメリカナイズされているのか、まるで洋モノAV、、、

行為の最中は絶え間なく Oh! it’s sweet! Wow, sweet! Oh!のリフレインでした。

アジア尾根遺産の【声を押し殺している姿】が大好きな私には、ああいう欧米的な喘ぎは≪わざとらしく≫感じられて萎えるんですね。

でも気立てのいい尾根遺産でしたよ。ということで、14ケ国目を制覇。目標の20ケ国まで、あと6ケ国。

クアラルンプール女性2

 

◎あの頃のモチベーションは今

記事の最後に「目標20ケ国」と書きましたが、もう随分と前に、国数を増やそうという気は失せてしまいました。

旧ブログでは当初、サブタイトルに「**ケ国、***名の尾根遺産と対戦済」とか入れていたくらいで、数を目指していたのは事実ですけれど、現在19ケ国で止まっている状態です。

本気で経験国数増加を目指していれば、例えばジャカルタのSPAでメキシコとか「スタン」諸国とかチャンスは結構あったんですけどね。

いつから数を追うことを止めたのか、自覚は特にないのですが。

 


にほんブログ村

【クアラルンプール関連のページ】

ベトナム風俗嬢が大量摘発

ブキッビンタンでひとり飯

オトコの夜遊びガイド「クアラルンプール編」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)