【クアラルンプール】SPA数軒が閉鎖に!

「オトコの夜遊びガイド」シリーズのクアラルンプール編を改訂致しました。

クアラルンプール編イメージ

今回のクアラルンプール滞在中も、例の≪闇の帝王≫一族に長年仕えてきたご老人に最新の動向を伺ってきました。

 

◎経営方針

以前も書きましたが、グループとしては採算面からSPA事業は縮小傾向にし、カラオケ事業を拡大していく方針です。

クアラルンプールのカラオケ
グループの経営するカラオケ

E2やA1のクローズは、その一環でした。

 

◎近況

そのA1は今年、営業を再開。(次回記事で触れます)

さらに1軒、新たに Jl. Ampang に本番SPAがオープンしたのですが、この2軒と、現在工事中の1軒、計3軒は経営権?を借り受けて、別の資本家がやっているのだそう。

 

◎課題

現在、ブキッビンタン地区の某ホテルで改装中の3軒目をオープンさせるには、既存のSPAの何処かを閉める必要が。

SPAのライセンスは数が決まっており、もう新規発行はされないからです。

どの店を閉鎖するか、伺った時点では「ネゴシエーションの最中」なのだとか。しかも「数軒クローズさせるかも」と。

≪2017/04追記≫

その後、結果としてライセンスなしで開業し、既存SPAの閉鎖はなくなりました。そのかわり新店は本★無しの一般SPAです。

 

◎管理人の補足

クアラルンプールには昨今、中国資本が大規模開発に乗り出しています。

シンガポールとクアラルンプールを結ぶ、高速鉄道の建設を受注するための布石なのだとか。

日本人として、受注競争には勝ってほしい。

でも中国の巨額投資でマレーシア経済が活性化されないと、風俗界は活気づかない。

どちらに転ぶことやら・・・

そうそう、Jl. Ampang にNewOpenしたSPA、現在1名だけ、韓国娘がいるそうで、そのアガシだけが280RMと特別価格です。

 


にほんブログ村

【クアラルンプール夜遊び関連記事】

クアラルンプール「夜の帝王一族」

夜遊び他、変化もろもろ

各都市のとっておき情報についてはご購入者様利益を考慮しブログ非公開です。

オトコの夜遊びガイド「クアラルンプール編」はコチラ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)