【シェムリアップ】オプションは嬢次第?

今回は私自身のカンボジア体験談です。

 

◎入店

ご購入者様から「怪しい」という情報を頂いて訪れた、シェムリアップの某マッサージ店。

シェムリアップのオールド・マーケット
オールド・マーケット

平日の16時。暑さもまだ残るなか、店先には順番?で客待ちしているスタッフ。

おっ? なかなか可愛いじゃん!で、全身60分を頼んで入店。

聞けばまだ19歳、それでもキャリア2年になるという、典型的なカンボジア顔の尾根遺産。

通された施術部屋には、仕切りの向こうに先客が1名。

これはオプションにはチト厳しいか・・・・

尾根遺産、英語は問題なく話せました。これはシェムリアップの利点ですね。で、オイル・マッサージを勧めてきます。

シェムリアップのマッサージ店

オイルの場合は最初から、客は全裸ですし(タイ式はパジャマ?に着替えます)シ★シコしてもらうにもオイルがベターかと思い、受諾。(60分10$)

 

◎交渉

 ところが先客の様子を窺っていても、会話(交渉)している雰囲気は感じられず。

「コレはハズしちまったか」と考えていたら尾根遺産、大腿部の揉みに、やけに時間をかけています。

しかも幾度となくタ★にもススッと触れるのです。

そして案の定 「ココは?」 とソレを指します。

「いくら?」

「・・・・20$」

「脱いでくれる?」

「それはダメ! 脱ぐなら100$」

おいおい、HJで100$はボッタだろうに。

シェムリアップ夜遊びの定番、カラオケで連れ出すためのコストを考えれば、並レベル以上の19歳と20$でHJなら、まぁ悪くはありません。

しかしこの日、すでに午前中に一発、例の店で済ませていた私。ドーピング無しで脱ぎも無しで2発目はキツい・・・・

この歳で2発は無理! と丁重にお断りを。

何度も粘ってきましたが、根負けしたようで、以降は普通の施術に戻り、スッキリできました。

途中で出ていった先客は何もしなかったようだし、やはり店ぐるみではなく尾根遺産次第、なのでしょうか。


にほんブログ村

シェムリアップ風俗の「とっておき情報」はブログでは詳細を伏せております。

オトコの夜遊びガイド「シェムリアップ編」はコチラ

 

【シェムリアップ風俗の関連記事】

道待娘はレディ・ボーイ?

年間ベスト・エッチ2013

シェムリアップのベトナム置屋

Pocket

【シェムリアップ】オプションは嬢次第?」への4件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    シェムリアップに行った時、オイルマッサージでは手が精一杯でした。
    その時は最初言い値で100、値切って半額でした。
    けど、ムラムラしてきて、脱がしてから色んな所を上から下まで弄んだら
    結局100になっちゃいました…_| ̄|○
    欧米人がいっぱい表で足マッサージ受けてましたが、奥には誰もいなかったんで。
    カーテンの仕切りだけでちょっと興奮しました。
    前のブログの国境近くのマッサージの記事に憧れたんですが、だめでした(^_^;)

    1. monkey様、コメントありがとうございます。

      表にお客が大勢いるなか、カーテンの仕切りだけ・・・
      ゾクゾクしそうなシチュエーションですね!!

      国境近くのマッサージ、というのは、ベトナムとの国境手前の
      バベット(モックバイ)でしょうか?

      あそこはアクセス的に遊びづらいですから、
      カジノ遊びも合わせて楽しみたい人でなければ
      わざわざ行く所ではないでしょう。

  2. アジアナイト殿は手探りオーナーの店の記事をいくつか書かれていますが、何らかの報酬を頂いているのでしょうか?
    いつも大変ありがたい情報を頂いているので疑いたくないのですが、報酬を貰っているから宣伝しているのか、実際によかったから紹介しているのでしょうか?
    それとも無料で紹介してくださいと言ったメールでも貰ったため宣伝に協力しているのでしょうか?

    1. 山泉様、率直なご質問をありがとうございます。

      まず、報酬はビタ一文、頂戴しておりません。

      ではなぜ? ということですが、
      初入店のときの、お相手の尾根遺産が好印象だったのは確かです。

      でも、一番の理由は、記事を書いた直後にオーナー様から
      早速、「ナイトウォーカーさんのブログをみて」という
      お客様が来店された、という連絡を、過去に3度も頂いたからです。

      もちろんそれが真実かどうか、確かめる術はありませんが、
      嬉しかったんです、純粋に。
      ブロガー冥利に尽きる、とでも申しましょうか。

      旧ブログを含め、他にも多くのお店を紹介して参りましたが、
      フィードバックをくださったのはこれまで「てさぐり」様だけなのです。

      来店動機を確認する、という作業をされないお店が普通でしょうし。

      でも、特定のお店に偏重するのも確かに一考すべきだと感じたので、
      今回は記事とせずに画像のみ活用させて頂いた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)