【ジャカルタ】あの廃墟置屋は今

私が「地球の遊び方」に投稿した体験談で、

トランス・ジャカルタのハルモニ駅前にあった

1918回 ジャカルタ最安?アパート置屋

をご記憶の読者様もいらっしゃるかと。

 

・きっかけ

 

その後、アパートではなくホテル跡地だと

旧ブログにご指摘頂きました。

また最安ではなかったことも判明しました。

(路傍のテントは5万Rpですから)

 

ジャカルタの廃墟

今回のジャカルタ調査で、ブロックMから

TJに乗ってコタ方面に向かっていたら、

たまたまハルモニが終点で強制乗り換え。

 

目の前に今も残る廃墟(上画像)を

眺めていて、ふと思い立ちました。

あの置屋は今、どうなっているのだろう?

 

この廃墟に当時、私を案内して下さったのが、

前回記事(イメクラSPA)のH様でした。

 

で、実はそのとき私が向かっていたのは、

同じH様から情報を頂いていた、

グロドックの怪しいホテルだったのです。

 

これは何かの「導き」??ではないかと、

ハルモニで途中下車してみることに。

 

・リサーチ

 

大通りに面してはいるものの、

薄汚れた道を歩く人の姿はなし。

 

道沿いに回り込んでいくと、数台のオジェ。

 

「以前ここに、置屋があったよね?」

と聞いてみたら、返答は殆ど意味不明でしたが

「オリモ」という言葉だけはわかりました。

ジャカルタホテル跡地置屋
当時の置屋入口

跡地に入っていくと、もう誰も商売していない

こんな場所なのにセキュリティが2名。

同じ質問をしてみたら、北の方角を指さして

やはり「オリモ」という単語が返ってきます。

 

オリモといえば、目指していたグロドックの

ひとつ手前の駅(トランス・ジャカルタ)で、

すぐ横はメルキュールH。

 

ということは、オリモからグロドックにかけての

あたりに移転している、という意味だと推測。

 

ジャカルタのグロドック

*画像はグロドックの跨線橋

 

グロドックって、H様情報の「怪しいホテル」も

同エリアだし、アングラ風俗が隠れていそう。

以前磯仁様とご一緒した、オバケばかりの

ムティアラ も画像の跨線橋からすぐ、です。

 

・転進

 

オジェのいた場所に戻り、「行こうぜ!」と。

オジェはガジャマダをひたすら北上。

 

もうすぐオリモ駅、というところで

なぜかハヤム・ウルッにUターンするオジェ。

???

 

あれ?  もしかして・・・

ジャカルタの長屋

オジェが停まったのは、置屋長屋の一軒

PUTRI  AYU でした。

へぇ~、ハルモニの置屋が出自だったのか。

 

置屋長屋を「オリモ」と類推できなかった

自分が恥ずかしいのですが、そのPUTRI AYU、

磯仁様が偶然、5月に入店してみたそう。

 

・体験談

 

日曜日の午前10時半頃に入店しました。

既にお店はオープンしていましたが、

フロアに娘は一人もおらず、

直ぐに出迎えた男性が奥へと案内。

 

そこは控室のようで、化粧中の娘が3人。

さっと眺めますが皆さんかなりの太めで

しかもややご年配の様子。

 

一人が流暢な英語で話し掛けて来ました。

(ちなみに案内の男性は全く英語NGでした)

その娘の説明ではマッサージ+本番で

300,000Rp/1h。

今は3人だけで、娘が揃うのは夕方5時頃だそう。

ジャカルタ置屋長屋室内
某長屋の室内

・管理人の感想

 

皆さん「かなり太め」で「ややご年配」

ハルモニで15万だった置屋が母体なら

さもありなん、だと思います。

だったら30万はないでしょうに・・・・

 


にほんブログ村

【ジャカルタの置屋長屋関連記事】

リピート指名の醍醐味

置屋長屋の魅力

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)