【ジャカルタ】アホック知事VS白装束集団

臨時更新します。

当ブログでも度々触れて参りましたジャカルタのアホック知事について、昨日の産経新聞系サイトに記事が。

 

◎なぜ夜遊びに関連するのか

当サイトの常連読者様でなければ、「ジャカルタの夜遊びと関係ないじゃん?」と思われるかもしれませんね。

置屋街カリジョドを壊滅させた張本人です。

ジャカルタのカリジョド
かつてのカリジョド

アホックさんの知事就任以降、スカルノハッタ空港のそばにあった置屋街Dadapも閉鎖に。

夜遊びの観点だけから申せば「我々の敵」になるわけです。

 

◎邦人への当面の影響

記事ではアホック氏の人物像を紹介していますが、その際にフィリピンのドゥテルテ並みの「暴言王」と。それは言い過ぎでしょうけど。

で、華人系クリスチャンのアホック氏が、コーランを侮辱するような失言をやらかし、抗議デモが繰り返されています。

このデモについては、ジャカルタの日本大使館からも再三、注意勧告が。

渋滞を巻き起こすだけではありません。

デモの中心になっている団体は、2012年にレディ・ガガの来イに反対してコンサートを中止に追い込んだ、例の白装束集団なのです。

ラマダンの時期に自警団を組織して、ブロックMのカラオケ等に【自主査察】を行い尾根遺産たちを恐怖に陥れていた、あの集団なんです。

彼らは破壊的な行動も辞さないので、近づかないことが一番かと考えます。

 

◎対策としては

デモは突然ではなく、あらかじめ日時と場所が公表されます。

在インドネシア日本大使館のHPにも情報がUPされますが、それよりも同HPから「大使館メールマガジン」に登録しておけば注意喚起メールが来ます。

ジャカルタ滞在予定がFIXしているならば、デモを回避するような行動は可能です。


にほんブログ村

産経新聞の記事はこちらに

記事へのリンクです

【旧ブログの白装束集団関連記事】

ブロックMのカラオケに襲来した模様

レディ・ガガのコンサート関連

 

【アホック知事の関連記事】

壊滅!空港そばの置屋街

ジャカルタもスラバヤの二の舞?

ドリーに続きカリジョドも

念のため、大使館の連絡先です。

在インドネシア日本国大使館領事部
TEL 021-3192-4308
FAX 021- 315-7156

在インドネシア日本大使館HP

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)