【ジャカルタ】クラシックに「行政の指導」が

オトコの夜遊びガイド「ジャカルタ・基礎編」

ご購入者Y様から昨日、現地の最新情報を頂きました。

歓迎できない傾向ですが。

ジャカルタのクラシック

◎行政の指導で?

 

10ヶ月ぶりにクラシックを訪問したのですが、

少し様子が変わっていました。

 

壁一面のソファーは、

女の子が座ることが禁止になったため、

以前のような光景ではありませんでした。

行政から指導があったようです。

 

また、親しかったママさんも辞めていて、

他の知ってるママさんに聞いたところ、

そのタイミングで責任とって辞めたようです。

 

基本的な仕組みは変わっていませんが、

女の子がテーブルに紛れているので、

少し見つけにくくなりました。

 

あと箱の照明が一層暗くなっていました。

女の子は、蛍光のゴム・ブレスレットを

つけさせられていて、

それがママさん達の目印になっているそうです。

参考になれば幸いです。

 

◎管理人から

 

Y様、速報をありがとうございました。

 

クラシックのメリットとして私がOPEN当初から

ジャカルタ編内で触れていたのは

「室内の明るさ」と「娘たちが壁際に勢揃いしている」

だったんですよね。

 

インドネシアの夜遊びスポットのなかには

暗くて顔がよく見えない所も少なくないし、

トラベルなどは「柵の向こう側」に座っていて

視力が良くないと物色がしにくかったり。

 

それにしても行政の指導というのは???ですね。

 

営業すること自体は大目に見てやるから

袖の下を寄越せ、みたいな圧力でしょうか。

 


にほんブログ村

【ジャカルタ風俗の関連記事】

アレクシスが改名して部分的に営業再開

アレクシス閉鎖の余波は各所に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)