【ジャカルタ】ロカサリに美味しい和食処が登場

前回の続きで、ジャカルタ/マンガブサル界隈のグルメ情報です。

ロカサリ・スクエア前にあった「なんちゃって和食屋」はクローズした模様。看板は残っていましたが。

ロカサリ・スクエア

Mille’s の看板もまだ健在ですね。(笑

画像正面がロカサリ・スクエアです。その1Fに登場した和食処がTORICO。

TORICOレストラン

 

◎おすすめは焼うどん

先月、ジャカルタ遠征されたH様から「此処のチキン焼うどんが美味しい」という情報が。

toricoのメニュー1

チキンの他、エビ入り焼うどん等もありましたが、私はただの「焼うどん」35,000Rpを注文。

toricoの焼うどん

いやぁ、コレ、まじ旨ですよっ!

お店に日本人スタッフはいないそうですが、日本でお店を出しても通用しそうなレベル。

toricoのメニュー2

丼ものも各種あります。ロール寿司系も。

toricoのメニュー3

汁ありのうどん、ラーメンもあります。

 

◎再訪してTRYしたのは

「汁なしラーメン」を食べてみようかな、と翌日再訪。インドネシアでは、汁なし麺bakmiは屋台料理の定番ですからね。

ただ、トッピングがチキンカツとか海老天とか焼肉とか・・・・

toricoの汁なしラーメン

これが海老天の汁なしラーメン。

まず、麺の味も噛みごたえも喉越しも日本水準。ちゃんとした製麺所から仕入れているのでしょう。

そして味つけも秀逸!麺のクオリティだけなら十分、合格点です。

 

◎難点はボリューム

しかし、天ぷらとの相性は???スープが無いのに、コロモが固い!それに汁なしなら衣にも味つけをすべき。

そして、ボリュームはかなり少なめ。前日の焼うどんも単品では物足りませんでした。

この店に限らずインドネシアでは、麺類はパスタにしてもボリューム不足な店が多くて、過去記事のなかでも磯仁様が「3.6.9」に関して同様の指摘をされていましたね。

コンビニで売っているインスタント麺を見れば日本のものより、ひと回り?小さいですよね。


にほんブログ村

【ジャカルタ/コタ地区のグルメ関連記事】

マンガブサル:グルメ情報

和食店も楽じゃない

Pocket

【ジャカルタ】ロカサリに美味しい和食処が登場」への4件のフィードバック

  1. やはり米ドルと比べてルピアが安いので、ごはん200gの値段が麺の130g弱ならば、タイ米と言う長粒米は自給出来るが麺の小麦粉が全輸入なら同じグラム数では割増、又は盛りを少なめにするのが常套手段ですね〜。
    勤務先に国家間の職業訓練で研修生兼試験に合格すれば実習生として勤務するインドネシア実習生が言うに、
    ルピアは来日時と比べて今は弱くなったのを実感。
    給与の一部金額を仕送りしてるが、現地で受け取り時のルピアが増えたとかを国の母に公衆電話からかけた時に言われたとか。
    実習生が言うに、ミーゴレンはナシゴレンと比べてご馳走って言うので記事内容を納得出来ました。

    1. >ミーゴレンはナシゴレンと比べてご馳走

      やっぱり、そうなんでしょうね。
      ソトも同じですね。

  2. 早速のレポしていただいてありがとうございます。インドネシアも発展とともに収入が上がっていきそれにつれて物価も上昇していっています。私は20年くらいインドネシアに通い続けていますが、日本はデフレで貧乏になっていき、インドネシアはインフレで裕福になっていったのを肌で感じています。こんな中、やたらと日本の借金1000兆円を強調し、消費税を10%にしようとしています。こんな調子では来年度も期待できません。なんとか消費税を凍結して逆に減税するといいのですが・・・。

    1. H様

      いえいえ、こちらこそ情報ありがとうございました。
      事前知識がなかったら、ロカサリ・スクエアのなかまでは行かなかったと思うので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)