【ジャカルタ】同じチップ額でも雲泥の差

今回はD様の初ジャカルタ体験談を。

 

・初日の晩はトラベルから

ジャカルタのトラベル

最初はtravel。

22歳バンドン出身、英語かなり話せる。

なかなか楽しかったのですが…

 

そうですw

最後の最後の「チップ、チップ!」

機嫌をお損ねになられましたwwww??

 

「ジャパニーズは200,000Rpくれる」と。

100,000Rpと分かり、最後はプイ?

「ゲラウト!」と流暢に言われました。

 

日本人は週末。中国人はいっぱい、

そして嫌われている模様。

コリアンは少しだそうです。

ジャカルタのトラベル室内3

翌日は1日ツアーでジャカルタの市内観光。

 

日本語堪能なインドネシア人のガイドに

「トラフェルは行きましたか?」と言われ

「昨日ね。でもチップ、チップで面倒だった」

と答えると鼻で笑われました。

 

地元民からもこんな反応なのでアレですね。

(管理人注:Travelは現地読みでトラフェル)

 

・2晩目はディスコ置屋へ

 

夜は「ジャカルタ・基礎編」36ページの

ローカルなディスコ置屋に。

(2016~17版)

ジャカルタのディスコ店内

中は暗すぎて、全くと言ってよいほど

見えませんが雰囲気は悪くなかったです。

 

椅子に座りしばらくボーッとしていると

マダムが来ましたが、

何を言っているのかさっぱり分からず…

 

結果、ジャカルタ基礎編のとおりでした。

この娘どう?と勧められたのが

画像のMちゃん, 18歳, Jakarta出身。

ジャカルタのディスコ嬢

(管理人注:画像を印刷して持参すると

トラブルになります!お止め下さい)

 

見た目が「まずい?!」と思ったので

即、年齢ききましたw

即決です。

 

値段は425,000Rp。通いのフリーですね。

清算している時に「ジュパン、ジュパン!」

と大はしゃぎ。

 

可愛い性格してるなぁと思い部屋へ。

仕事を始めて8ヶ月。日本人は3人目、

地元民が多いとのこと。

 

細身で、胸はあまりありませんでした。

(私はあまり問題ではない)

受け身の娘で、反応も薄く、

技術もあまりありませんでしたが問題ナシ。

 

生をお願いしたらそのまま押し切れるような

気がしましたが自重しました。

 

フィニッシュ後、着替えも終わり

「money」と遠慮しがちに言ってきました。

「きた」と思い100,000Rpを渡すと大喜び。

 

前夜のこと(店名は言ってません)を

ジェスチャー95%で説明すると、

信じられないと言う表情をしていました。

あれだけ喜んで貰えるとこちらも嬉しいです。

 

・初ジャカルタの感想

 

来年改めてジャカルタに出撃しようと思います。

行けていない博物館も多く、

風俗も良い、食べ物が美味しい。

 

食事、風俗、博物館が旅行の基準に

なってしまいました。

(ベトナム、タイ、インドネシア)

インドネシア料理

・管理人から補足

 

D様、体験談ありがとうございました。

ジャカルタを再訪したい、と

感じて頂けたことが私には何よりです。

私は博物館に行っていませんが(苦笑

 

画像の尾根遺産、めっちゃMyタイプです!

性格も良さそうですから、

チップは50,000Rpでよかったかも?ですね。

 

トラベルの選択肢の多さは利点ですが

後味の悪さは、もはや不可避でしょうか。

それにしてもゲラウト!とは。。。(呆

 

言葉の壁とか、ハードルは高くなりますが

こういうスレていない尾根遺産の発掘が

ローカル夜遊びスポットの醍醐味ですね。

 


にほんブログ村

【ジャカルタ:トラベル関連記事】

久々のトラベル

トラベルとクラシック、利点難点

【ジャカルタ】同じチップ額でも雲泥の差」への4件のフィードバック

  1. *コメントは管理人権限で削除いたしました。
    読者様同士での誹謗中傷は今後も同様の措置をとらせて頂きます。

  2. 女の子スタイル抜群ですね。体の引き締まり方も、やはり若さを表していますね。

    ところで3月にシンガポールに行きますので、インドネシアへも行ってみようかと考ます。今回は、清く正しい旅にするつもりですので、ゲイランで遊ぶ気もありませんが、安いホテルを求めるのも悪くないかもです。

    それで写真ですが、ヤンゴンでは、最初の女の子は「ノープロブレム」といってくれましたが、2番目の女の子は、熱い情熱を私に注いでくれましたが、写真はNGでした。それ以降頼んでもいませんが、今度はチップをちらつかせて頼んでみようかなと考えます。がSNS時代ではやはりハードルが高いですよね。「アジアン王」で、下川島で写真を見せてトラブルになったなんて話が書いてあったことを覚えています。中国あたりでそうなると、最悪公安が登場してきて怖そうです。

    1. ヒックマン様

      ゲイランはシンガポールのなかでは格安宿泊エリアであるのは間違いないですし、
      ホーカー(安い食堂)もコンビニも多数あって私は好きですけどね。
      スモーカーが多いので、私は好都合ですが嫌煙家にはお勧めしません。

      写真撮影についてはご指摘のとおりSNS時代になって前より難しくなっていますが
      「変なお客!」と嫌われていなければ2ショットなら簡単に撮らせてくれますよ。
      性格のよいお客さんだと感じてもらえれば、ノーチップでシングル撮影できたりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)