【ジャカルタ】壊滅!空港そばの置屋街

実は昨年の夏、読者のお一人P様が

ジャカルタの空港近くにある

置屋街dadapの情報を下さいました。

 

P様のご要望で、情報は非公開、

ブログに書くなら私自身が行ってから、

というお約束だったのですが、、、

私が行くより先に、潰れてしまいました。

 

もう潰れてしまったわけですから、

公開させて頂きますね、P様。

 

・P様のレポート

 

タンゲランに巨大なロカリサシがあります。

 

初めに言っておきますが

期待するほどのものではありません。

道が長いだけで尾根遺産の数は

カリジョドの1割くらいかもしれません。

 

現地のニュースでは

今年の取り壊しが延期されたそうですが

どうも寂れた感があり客も多くありません。

それでもカリジョド程度の娘はいました。

 

 ドリーの尾根遺産がdadapに来ている、

と現地のニュースであったので

期待しましたがしょぼいものでした。

  ~  ~  ~

 

というような内容でした。

その時点では取り壊しが延期に。

でも結局、カリジョドと同じ運命に。

 

・現地のニュース映像

住む場所、働く場所を失うDadapの人々が

警察と衝突したニュース映像です。

 

旧ブログで紹介した「線路脇の置屋群」も

カリジョドの周辺住居も、【不法占拠】状態

であったわけです。

 

・補足情報

動画の存在を教えて下さった

だるまわんさ様によれば、こういった

不法占拠を排除する動きが加速。

 

現在ジャカルタで残っているのは

たぶん1ケ所だけで、

そこも排除の動きがある、とのこと。

(私も行ったことがあります)

そこの話は、また後日改めて。

 


にほんブログ村

【置屋街の関連記事】

チビトンの赤線地帯

インドネシア風俗は、あと3年で消える?

ソウル置屋街の今

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)