【ジャカルタ】残された置屋街

ジャカルタ西部の路傍に出現するバラック(テント)の記事をご記憶でしょうか。あのときに「続きはいずれ」と書きながらすっかり失念しておりました。

地球の遊び方に2012年3月に投稿しました、第2154回「ジャカルタの闇を歩く」のリバイバル記事とともに、画像&動画も交えド・ローカルな置屋街の解説をいたします。

ジャカルタの駅

 

◎暗闇のダンドット

 

某駅の近くの線路脇や線路上(?!)に、男女入り混じって数百名が座り込んで飲んでいます。

どこかにスピーカーがあって、ローカル音楽が流れています。(ダンドットですから当然、ですけど)

ゴザを敷いている人、線路に腰掛けている人、石の上に座る人。

談笑する声は聞こえず、ただただ暗闇の中で、座って飲んでいる、これもインドネシア流。

何が楽しいのか疑問ですが。

料理や酒を作るバラックも傍らに並んでいて、そのバラックでヤルこともできるそうです。

価格は何と4万Rp! 

今回各所を探査したなかでも最安値でした。

難点はとにかく暗くて、美人かどうかもよくわからないこと。視力1.5の私でもそうなのですから。

インドネシア人はフクロウ目なんでしょうか?

ジャカルタのペラペラ

◎この場所とは

某駅というのは冒頭の画像のとおり、ジャカルタ港のタンジュン・プリウク駅です。

その線路上に広がる、不法占拠のバラックをローカルはペラペラ(Pela-Pela)と呼びます。

上の画像はだるまわんさ様から頂戴しました。一昨年、実際に行かれたそうです。以下、だるまわんさ様からご教示頂きました。

 

◎ペラペラとは?

最近はいわゆるローカル向けの、不法占拠された土地にある置屋街は軒並み撤去される動きにあり、残るジャカルタ北部のローカル置屋街は、私が知る限りはペラペラだけになりました。

夕方17時ころから立ち並びます。だいたいが1発5万~10万です。(言い値は外国人は20万)

最近ここも電車が遅れる原因になる、と排除の動きが出ています。

 

◎動画もありました

 

動画のタイトルにあるLOKALISASI とは置屋のことです。

 

◎注意!

私がこのペラペラに行ったときは、現地人の遊び人が一緒でした。

彼は私にバイクから降りるよう言ったあと、私にこう釘を刺しました。「ここから先は、しゃべっちゃダメだ!黙って後ろをついてきてくれ」と。

そういう場所ですから、日本人が行くことは当然、おすすめなんぞ出来ません。


にほんブログ村

【ジャカルタのアングラ風俗関連記事】

ジャカルタ南部の無法地帯

美容院スタッフがみな、夜のバイトを

闇のダンドットにはネズミも美女も

【ジャカルタ】残された置屋街」への2件のフィードバック

    1. ガウ様、コメントありがとうございます。

      そうですか、やっぱり交通の妨げになっていたわけですからね。

      でも取り潰しじゃないだけマシ、ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)