【ジャカルタ】路傍のテント風俗、健在なり

「地球の遊び方」に投稿した、ジャカルタ

幹線道路傍のテント(バラック)小屋。

 

少し前にリバイバル記事にしましたが

今もあるのか、確認に赴きました。

 

ジャカルタのテント

・調査結果

 

ありましたよ、まだ!

人数に比して数は少なかったですが。

 

リバイバル記事の方にも加筆しましたが

南側から Jl. Pangeran Tubagus Angke に

折れるとすぐに、道待娘がチラホラ。

 

そしてしばらく走ると、懐かしい光景が。

 

相場を確認しよう、とテントのある前で

タクシーを降りて道待娘に訊いたところ、

言い値はなんと、ビックリの20万!

 

明らかに外人価格ですね。

尾根遺産、推定アラサーで

美人でもないのに。

 

*動画の尾根遺産の後ろにテントが

あるのですが、暗くて映っていません

 

まぁ、目の前でブルーバードから

降車した日本人なんて、

そんな扱いされても仕方ないですけど。

 

もしかして、ホテルにデリバリーOKで、

だから高いのか? と思って訊いたら

やはりテントでするのだ、と。

 

・読者様情報

 

先の記事にコメントを頂戴した

だるまわんさ様によれば

テントに 50000Rp/CROTT と、

一発5万ルピアだと書いてありました。

ジャカルタのテント2 

ということで、その画像も頂戴いたしました。

 

私の前回訪問(2012年初頭)から

値上げもされていませんね。

 

まぁ、私はあそこで遊ぶ気になりませんが。

 

カリジョドに関しても書きましたが、

あんな場所で遊ぶことはリスキーです。

 

HIV感染率はとんでもなく高いでしょうし、

近くに管理者らしき男性がいますが、

美人局的な行動に出ないとも限りません。

あくまでも自己責任でお願いします。

 


にほんブログ村

【ジャカルタの路傍風俗関連記事】

ジャカルタの闇を歩く

ジャカルタの妖怪、健在なり

 

【ジャカルタ】路傍のテント風俗、健在なり」への4件のフィードバック

  1. crottって初めて聞きましたが、たぶんインドネシア語で正しくはcrut「ドピュー」っと書くんだろう・・・

    1. honjo様、コメントありがとうございます。

      crut って、そういう意味なんですか?!
      ご教示御礼申し上げます。

    2. crottはもともとジャワ語ですね。擬音語でどろっとした液体が(袋などから)出るという意味です。

      1. だるまわんさ様もhonjo様も、流石の現地語理解度ですね。

        そうするとあのテント、日本であれば
        「ドピュ!500円」 とでも書いてあるようなものですか。(苦笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)