【タイ】【ロシア】入国ルールが変更に

皆さま、明けましておめでとうございます。

新年最初の記事は、旅行計画に関連する情報を。

まず、タイへの「陸路」入国のルールが大晦日から変更になっています。ノービザの場合は「1年に2回まで」です。

バンコクの観光スポット

◎もう少し詳しく

スワンナプーム空港からバンコクに入国する大半の方々には関係ないことで、ルール変更は「陸路」のみ。

これはビザラン対策です。

日本人に関しては「30日以内の観光」ならばノービザでOKなわけですが、カンボジアやラオスへ一旦出国し、すぐ戻る。

これを繰り返しながらタイに長期滞在することが難しくなるわけですね。

旅行者が注意すべきは、「陸路」利用でシェムリアップ経由とかビエンチャン経由でタイに入国する旅程を組む場合でしょう。

それでも年に2回までなら問題ありませんが。

在タイ日本国大使館HPへのリンクです

シェムリアップのオールド・マーケット
シェムリアップのオールド・マーケット

◎ロシアは査証ルール緩和

逆にリピートしやすくなるのがロシア。

1月1日から観光客でもマルチ・ビザが取得可能に。

有効期間も最長6カ月になりました。

私はロシアに(白人に)興味はありませんが、愛好者は多いでしょうから朗報かと。

報道記事へのリンクです

 

◎よりシビアなのはベトナム

今回のタイのルール改正よりも厳しく、旅行者が注意しなければならないのはベトナムでしょう。

プノンペンからホーチミンへの陸路バス移動を何度も利用しましたが、ほぼ毎回、査証ルールを知らずに強制下車させられる欧米系旅行者が車内にいるんですね。

プノンペン=ホーチミン間の「つばさ橋」
プノンペン=ホーチミン間の「つばさ橋」

在住国からホーチミンへの往復航空券を買い、滞在中にカンボジアへ足を伸ばすと、30日以内のベトナム再入国は査証が必要です。

空路であっても同様です。

せっかくベトナムまで行くのだから、どうせならシェムリアップにも回ろう!みたいなケースが該当します。

最初はノービザでベトナムに入国し、シェムリアップから再入国する際はシングル査証でOKなのかと思いきや、調べてみるとシングルでは再入国拒否されるケースもあるそう。

マルチ査証なら安心ですけど、高いんですよね。

ベトナム旅行をプランニングされる際はご注意を。

 ベトナム大使館HPの該当箇所はこちら

 


にほんブログ村

≪関連記事≫

タイ入国時の所持金提示が強化されています

バニラ・エア搭乗レポート

バンコク:空港の抜き打ち検査に注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)