【ハロン湾】世界遺産の街に夜遊びは?

前回のmonkey様によるベトナムは

「幻の岬」遠征記、その続きです。

その後向かったハロン湾では?

 

・前回記事の補足

 

ニャギのスタッフにも腕前があるようで、

言った通りのタイプを連れてくる奴、

とりあえず誰か連れてくる奴、

まったく連れて来れない奴、いろいろでした。

 

ここ幻岬で、東南アジアの置屋と違うのは、

女の子にも拒否権がある事。

 

男側が「これじゃない」というのは普通ですが、

ドーソンでは 「この客は嫌!!」 と言って

尾根遺産側が拒否することが出来ます。

(ニャギのスタッフが無理に

押さえつけることも有りましたが)

 

私達と一緒に待っていた中国人っぽい

おじさんは、5人連続で拒否られてました。

1人は無理に部屋まで連れていかれましたが、

しばらくして逃げてきました。

 

あそこまでやられると完璧に

自尊心が打ち砕かれたと思います。

 

この時は既に2軒目でしたので、

余裕にかまえて最初は笑ってましたが、

だんだんかわいそうになりました。

 

・ハロン湾に風俗は?

 

ハロン湾ですが、そこそこ大きめのカジノ、

そのホテルに併設された、尾根遺産のいる

カラオケ(お餅は未確認)がありましたが、

気軽に遊べるところはあまりなさそうです。

 

ホテルに戻って夕食後、隣のホテルに

マッサージが「別の入り口から」入れるように

設けられているのを見つけたので

行ってみると、基本料金が安い。。。

 

なんとなく、「これはオプション有では?」と。

マッサージだけでもいいか、と思って

入りましたが、結果は当りでした。

最初はしっかりマッサージしてもらい、

次にオイルマッサージ、その後、

最初は「手だけ」で50万Dと言われ、

「最後まで」と聞いたら100万Dでした。

 

まぁ、観光地ですからしょうがないかと

値切らずにお願いしちゃいました。

 

次の日はまた3時間かけてハノイまで戻り、

ハノイ市内を(まじめに)観光して帰途に。

普段なかなか行けない所に

行ったのは良い経験になりました。

 

・管理人の感想

 

monkey様、力作をありがとうございました。

隣のホテル、嗅覚が冴えたんですね!

 

どこと比較するか、の問題ですけど、

観光地で+100万VND、悪くないのでは?

ホーチミンの床屋(置屋)と大差ないですから。

 

数年前、カジノ仲間とよく話していたのは

「海(シーフード)と、カジノと、オンナ。

3拍子揃ったいい場所はないかな?」と。

 

もう少しカジノが充実していたら、

幻岬ってナイスな場所でしょうに・・・

 


にほんブログ村

【ベトナム夜遊びの関連記事】

幻の岬は今

ネットでの戦果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)