【バコロド】別れ際の印象が今も残るフィリピーナ

アジアナイトウォーカーとしてのキャリアは

丸8年近くなりますが、なかでも2014年が、

思い出深い尾根遺産たちと何人も出会えた

いわば“当たり年”でした。

 

今回のリバイバル記事は、2014年8月。

フィリピンのバコロドで夜遊び開拓を試み、

最終夜に出会った“半素人”さんのお話しです。

バコロドのgoldenfield

 

◎バコロド最後の夜は

 

月曜夜、再度ゴールデン・フィールド(画像)に出撃。

土曜日とは、同じBARなのに印象が全然違いました。

アングラ感が薄れ、広々と明るい店内。

なんで???

バコロドのGOGO

2軒でショー見物をし終えた23時過ぎ。

「フィールド」中央部の、

オープン・スタイルのカフェっぽい場所に

遠目にも若い尾根遺産の姿が。

 

例の、日本語を話す女性が手招きします。

腰かけているのは、パッと見の印象で

【危険年齢】な小柄の尾根遺産。

 

飲み物を2人分注文して話してみました。

童顔そのものながら、本人申告は24歳?!

昼間はセールス・レディをしていて、

夜ここに来るのは週2回だけだ、と。

 

自己申告は怪しいケースも多いのですが、

小1時間しゃべっても辻褄は合っていて、

言っていたことは本当のよう。

(ウソつきフィリピーナの場合、

往々にして辻褄が合いません)

 

◎テイクアウトしたら素人感ありあり

バコロド

お持ち帰りはショート1,500P、ロング2,500P、

「ママに」先払いだ、と。

GOGOより割安なので納得したのですが・・・

 

翌日、タクシーに聞いたら

「ロングで1,500Pが相場」なんだそう。

私はフッかけられたことに (涙

ママの配下には30名ほどいるようです。

 

プランタ・ホテルに入ると、

「ここは初めて」とキョロキョロ落ち着かない彼女。

物腰や会話の端々に不慣れさが垣間見えました。

 

バコロドにホテルの選択肢は多くないので、

このホテルが初めてということは、

経験値も少ないのでしょう。

バコロドのMAP

フィリピーナの24歳ともなれば、

オッパイは垂れてきて

ボディの各所にシワが目立ち始めますよね?

彼女もそうでした。

顔は1☆歳でも通用しそうなのに。

 

一戦を終えて、若干の交通費を渡して、

ホテル入口までお見送り。

「今度いつ来てくれるの?」

以前は素直に嬉しかったこのセリフ。

 

でもアジアナイトウォーカーとなって以降、

同じ尾根遺産にリピートするよりも

新規開拓が優先なので、そういう点で

昔のような【楽しさ】を感じられなくなりました。

 

トライシケルを捕まえ乗り込もうとした彼女、

おもむろに振り返って私に駆け寄り、

抱きついてきて路上キス!

 

◎今、思うと

フィリピンのトライシケル

トライシケルの運転手だけでなく

ホテルのスタッフらも近くにいたし、

恥ずかしかったのは確かですが、

トレンディ・ドラマのような出来事でした。

 

フィリピーナといえば、知り合えばすぐに

「家族が急病になった」などと無心してきたり

よい印象ばかりではないのですが、

ホスピタリティ旺盛で、妙に惚れっぽくて、

可愛らしいところもあって憎めないんです。

 


にほんブログ村

【フィリピン関連記事】

アンヘレス:メインストリートのBARで母乳プレイ?

マニラ:ヌキがセットのマッサージ

【バコロド】別れ際の印象が今も残るフィリピーナ」への3件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    今年第一弾でセブに行こうと思っております。ナイトウォーカー様の教本にマニラ編はありますが、セブの情報は載っておりますでしょうか?

    1. モンキー様、いつもありがとうございます。

      拙著マニラ編にはセブ島情報はありません。
      お役に立てず申し訳ございません。

      1. ご返信ありがとうございます。それでは実地でネタを拾ってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)