【ブルネイ】風俗不毛国家にも抜け道はあった

今回のリバイバル記事はブルネイ。A様から頂戴したレポートのなかでも、6年前とはいえ貴重な情報と考えました。

 

◎ブルネイは風俗不毛の地

東南アジアに位置するイスラム教国家ブルネイを訪れ、夜遊びも軽くしてきたので報告させて頂きます。

ブルネイはマレーシアやインドネシアに比べ、よりイスラム色が強い国家でした。

コンビニや商店でもタバコが裏の棚に見えないように置かれており、お酒については一切の購入ができない、という厳格ぶりです。

(旅行者は外国からの持ち込みが許されているそうです。)

夜遊びはできないものかと思っていたら、やはりありました。しかし、タクシーの運転手にお願いしないと旅行者には絶対にわからないと思います。

以下、夜遊びに精通しているタクシー運転手の見つけ方も含め、流れを書いておきます。

◎タクシーのチョイス

タクシーの運転手が待機している場所は、市内にあるバスターミナルです。

まあ説明不要かもしれませんが、中華系のタクシードライバーを見つけて下さい。(殆どが白タクなので、暇そうに待機しているオジサンがそれです。)

そこで、「お酒が飲みたい。」「夜遊び出来る所はないか?」と聞けば連れて行ってくれるはずです。

メインは以下の3箇所になるそうですので順に紹介させて頂きます。

料金はシンガポールドルで書きますが、ブルネイでも使用でき、ブルネイドルと等価交換できます。

ブルネイの夜1

ブルネイの夜2

◎コーヒーショップ

画像の2階にお酒の飲めるカラオケバーがあり、3階でプレーをするそうです。女の子は全員フィリピン人。

ショートタイムは150シンガポールドルで、ロングは400SGDになるそうです。

元ジャパユキのおばちゃんがいたのも驚きですが、20歳ぐらいの若くてかわいい子もいました。

かわいい子がいたので3階で事を致しましたが、サービスは可もなく不可もなくでした。(笑

 

◎レストラン

ブルネイの夜3

ここも場所はわかりませんが、入り組んだ場所にあった気がします。

ここでは、ドリンクさえ払えばウェイトレスが横に座ってくれます。タクシーの運転手によれば、 交渉次第でホテルに連れ帰る事ができるそうです。

料金も交渉次第ですが150SGDぐらいからが相場だそうです。

ウェイトレスはフィリピン人メインでインドネシア人も少しいました。インドネシア尾根遺産を横に付けましたが、英語ができず話になりませんでした。

 

◎国境沿いの街

東側のマレーシア国境沿いの街に行きます。市内から車で約30分。

ブルネイの夜4

ブルネイ華人かマレーシア華人かわかりませんが、写真のようにみんなお酒を飲んでわいわい盛り上がっております。ここは国境のゲートから徒歩2分の場所です。

街のゲストハウスのレセプションに「女性が欲しい」とリクエストすれば連れてきてくれるそうです。

後は国境沿いの街からさらに20kmぐらいの街に行けば、もっと賑やかで女性の数も揃っているそうです。

国境が10時過ぎには閉まってしまうため、私はそこまで行けませんでした。

 

◎他にも抜け道が

安いホテルの男性受付に頼めば斡旋してくれるとの事です。女の子についてはフィリピン人がメインで、場所によっては中国人もいるそうです。

後は観光客の方は行かれないと思いますが、西側のクアラブライトという街側にあるマレーシア側の国境の街にも歓楽街があるそう。

タクシーの運転手いわく、SHELLなどに務めるアメリカ人などの駐在員がよく週末に遊びに行くそうです。

 

以上、ブルネイという誰も行かないような国の、私の調査した限りでの夜の街の情報ですが、ご参考になれば嬉しいです。

ブルネイについての情報は殆どなく、私自身も困りましたので、少しでも同胞(笑)の助けになればと思います。

観光地としても安全であるし、油田やイスラム教国としての魅力・リゾートなど見所満載だと思います。

 

◎管理人から補足

A様のフロンティア精神と、同胞への情報提供を、というスタンスに感服いたしました。

ブルネイの記事を書くにあたり最低限の情報をちょっと調べました。

  • 公用語はマレー語。ただし英語の通用度は高い
  • 治安はとても良好
  • 安ホテルは少ない
  • 高級ホテルは難しいが、安めのホテルで「みすぼらしい」スタッフに頼めば斡旋してくれる

また旅行ブログをいくつか読んだのですが、人々はとても親切で、 歩道の前に立つとほとんどの車が止まってくれるし、迷ってると声をかけてきてくれたり、目的地まで連れていってくれたり、ヒッチハイクすればすぐに停まってくれる、とも。

もしナイトライフが充実しているならば、日本人にとっては非常に夜遊びしやすい国のひとつになるんでしょうけど。


にほんブログ村

【クアラルンプール以外のマレーシア関連】

クチンって、夜はどうなの?

ペナン島でインド尾根遺産

【ブルネイ】風俗不毛国家にも抜け道はあった」への4件のフィードバック

  1. ブルネイ国内もあったんですね!私が6年前に行った時は、ホテルで「酒が飲みたい」と言ったら「ここでは飲めないからマレーシアで買ってくれ」と言われ、白タクを呼んでくれました。その時の運ちゃんが「女も買える」といってました。隣あっているマレーシアのサバ州との国境手前まで乗せて行かれ「歩いて国境を越えてくれ、ここで待ってる」と言われました。その際に「女買うなら少し遠いよ」と言ってましたが国境付近にあるようです。私たちは酒を買えるだけ買ってビニール袋でガチャガチャいわせながらすぐ戻りました。

    1. モンキー様はブルネイもご経験済でしたか?!

      6年前と今とでは状況が違う可能性も高いと思われますが、
      いずれにせよブルネイであれ、抜け道はあるわけですね。

    1. さそりーた様

      ブルネイ人と、ですか・・・私は情報を持っておりません。
      お役に立てず申し訳ございません。

      ブルネイは豊かな国で、公務員が非常に多く、
      学校も病院も無料という国ですから
      風俗に身を落とす人はいないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)