【プノンペン】ひとり飯される方々向けの最新情報

プノンペンでの≪ひとり飯≫情報ですが、

磯仁様から最新情報を頂きました。

 

◎夜限定のラーメン

 

過去記事で紹介しました、174St. のTHE PUB、

オーナーがオーストラリア人からイギリス人に。

Ramen-Phnom-Penh

同時にお店もちょっと営業形態が変わり、

夜からの限定で、何と日本人の方が

日本食(主にラーメン)を提供されております。

(厨房を半分共用しているそう)

 

Ramen-Phnom-Penh2

入口には手書きの案内。

Ramen-Phnom-Penh3

営業時間の記載

(月)~(水)は19:00-26:00、

(木)~(土)は21:30-26:00、(日)はお休み。

Ramen-Phnom-Penh4

これは表に貼ってあったメニュー。

他にも札幌ラーメンの「純連」など、

メニューは豊富です。

メニューの詳細はお店の中にあります。

Ramen-Phnom-Penh5

酒飲みには嬉しい本格的な「生レモンチューハイ」

ちゃんと日本の焼酎を使ってくれているそうです。

3$。レモンは自分で絞ります。

 

この日のお勧めということで注文した

「プノンペン ブラックラーメン」 7$。

煮タマゴのトッピング(1.25$)を追加して計8.25$。

Ramen-Phnom-Penh6

名前から来るイメージとは全く異なり、

シツコクないどころか逆にあっさりとしたスープで、

ほのかに醤油ベースなのかな、と言う程でした。

麺は縮れ麺でやや固めの茹で具合、

チャーシューはやや厚め、煮タマゴは普通。

 

この日はメンマを切らしていたそうで、

その分チャーシューを厚めに切ってくれたそう。

また、自家製の沢庵もサービスしてくれました。

 

散々お酒を飲んで、最後の〆の一杯として、

シツコクなく、さらっと食べられる分

胃袋にも優しい味かと思いました。

なお、スープに限りがあるとのことで、

時間によって売り切れになることもあるそうです。

 

店長の「佐野」さんは50代半ば。

こちらでボランティアをされていた縁で

プノンペンに住まわれてもう6年になるそう。

 

日中はIT関連のお仕事をされながら、

一方でご自分の料理の腕を試したいと、

夜はこちらで日本食の提供をされているそう。

 

とても物腰が柔らかい柔和な方でした。

今後も続けて欲しいお店です。

なお、このお店のオーナーの意向で近々、

通りの反対側にお店が移る予定、とのこと。

 

◎日中の食事は今迄どおり

 

日中の食事は今迄と同じメニューで、

コックも以前と同じです。

BAR-Phnom-Penh11

牛RAMP肉のステーキは以前と全く同じ

BAR-Phnom-Penh12

こちらはFISH&CHIPS

自家製タルタルソースも付いています。

BAR-Phnom-Penh13

「SUNDAY ROAST」も健在。こちらはチキン。

安定の美味しさとボリュームです。

これでたったの7.5$で生ビール一杯付き。

 

◎人気店だったのに売却?

 

以前紹介した「FAST FOOD」ですが

店名が「GREAT PAPAYA」に。

Food-Phnom-Penh

メニューも変わってしまい、

売りだった「SOUP」はメニューから無くなり、

焼き鳥類も今は提供していないとのこと。

Food-Phnom-Penh2

現在のお勧めは「BEEF NOODLE」だそうで、

店先では麺を打つ姿も時折見られました。

Food-Phnom-Penh3

こちらがお店の一番のお勧めという

「BEEF NOODLE」 US3$。

やや甘めのコクのあるスープには

牛の旨味が溶け込んでいます。

 

具も牛肉の塊がごろごろと麺の上に。

ちりばめられた香草が甘めのスープを

引き締めるアクセントになっています。

 

太目の平打ち麺で、手打ちでコシがあります。

また、生ビールも1$で提供しています。

(向かいのBARから出前)

 

営業時間がぐっと長くなり、深夜でも食事に

ありつけるのはメリットでしょうか。

他にカンボジアの鍋「チュナンダイ」もあります。

 

◎管理人から補足

 

磯仁様、多くの画像と最新情報を

ありがとうございました。

 

オリジナルMAPにも修正を加えました。

このMAP、執筆時点で表示回数が

11,426回もありました!!

 


にほんブログ村

【プノンペンの関連ページ】

和食不毛地帯に新店登場

オトコの夜遊びガイド「プノンペン編」

 

【プノンペン】ひとり飯される方々向けの最新情報」への2件のフィードバック

  1. プノンペンも店の出入りが激しいですから、ネットの情報もすぐ古くなってしまいますからね。特に外国人観光客向けの店は続けるのも大変ですから、おいしい店はぜひ頑張ってほしいと思います。

    ちなみに私は、かつては海外で日本料理なんか食べるかと考えていましたが、年齢のせいもあるでしょうが、ヤンゴンでは「日本料理もいいなあ」と考えるようになってしまいました(苦笑)。ミャンマー大好き人間の中でも、やはり食い物の評判がいいとはいえませんね。

    1. ヒックマン様

      >ちなみに私は、かつては海外で日本料理なんか食べるかと考えていましたが、

      私も同じですよ。(苦笑
      せっかく海外にいるのに、なんで日本食?と以前は思っていました。
      でも今は、3日と持ちこたえられません。

      また、なんか「予知」されたみたいですが、
      実はもう、3週間後くらいに
      ひとり飯ヤンゴン版を予約投稿済です。
      少しでもご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)