【プノンペン】ひとり飯のお勧め情報

夜遊び愛好家向け「ひとり飯」シリーズ、

ジャカルタ、クアラルンプールに続いて

今回はプノンペンです。

磯仁様からレポと画像を頂きました。

 

エリアとしてはセントラル市場の南、

かつてウォークアバウトがあった界隈を。

 

 

・EL CAPITIEN

174St. の青印

16時過ぎから開店のPUBです。

19時迄はhappy hourでカクテルが半額に。

プノンペンのEl capitien

これはソーセージの料理。

これに冷えた生ビールでの1杯は最高です。

オーナーがオーストラリア人なので、

やはりオーストラリア牛を使っています。

 

ソーセージは肉厚でジューシー、

マッシュポテトの下のソースも絶品です。

横に長いカウンターがあるので

お一人様でも気兼ね無く入れます。

 

・The Pub 隣接レストラン

174St. のピンク印

夜から営業のpubと同じ建物にあり、

共にオーストラリア人が経営しています。

オージービーフを使った肉料理が売りです。

 

夕方4時まではhappy hourで、

Angkor生ビールが僅か0.75$です。

キンキンに凍らせたジョッキで出してくれます。

プノンペン「ThePub」料理

上がお勧めのオーストラリア牛rumpステーキ、

7.95$。マッシュポテトの他にライス等選択可。

焼き加減も指定出来ます。

プノンペン「ThePub」料理2

オーストラリア牛を使った「ラックロック」5.5$

同じくポテトの代わりにライス等が選択可。

プノンペン「ThePub」料理3

大きな鳥の半身を丸々使ったロースト7.5$

これに飲み物(生ビール含む)1杯がサービス。

日曜日の午後2時~夜10時閉店迄の

限定メニューのひとつで、此処の一番人気。

 

リバーサイド沿いの外国人向けレストランでも

オーストラリア牛のステーキを出すお店は

いくつもありますが、大体15$~から。

此処は同等の味、量で値段は半額です。

 

・Best Food

174St. 黒印

午後3時過ぎから夕方までは学生らで、

夜はカップルや若者グループで大賑わい。

プノンペン「BestFood」

店先に調理場があり、炭火で焼く

焼き鳥の匂いが食欲を刺激します。

プノンペン「BestFood」料理

これは胸肉。他に手羽や

変わったところではTOFU(豆腐)なども。

味は日本人好みの醤油ダレです。

串は3本1セット、僅か4,500リエル(1.125$)

プノンペン「BestFood」料理3

お勧めの鍋。カンボジアでいう「SOUP」。

上画像はカニ、下画像は大きなエビが上に。

トムヤム風スープに即席麺が入っています。

 

タイでいうところのチムチュムと同じ鍋で、

出来上がった状態で運ばれて来ます。

これでどちらもたった10,000リエル(2.5$)

TVの取材も来ておりました。

プノンペン「BestFood」料理

一人では若干入りづらい感じもありますが、

ピーク時を外せば問題ありません。

時々一人で入ってくる外人客を見掛けます。

 

もちろんビールもあります。但し夜8時半過ぎに

店仕舞いを始めてしまいます。

 

・Romdeng

174St. 緑印

主に外国人客が主体のお店です。

昼時は外国人グループ客で賑わっています。

プノンペンの「Romdeng」

料理も外人向けにアレンジされているようで

かなりマイルドな味付けです。

接客も外人向けかスマートな接客です。

もちろん英語が通じます。

プノンペンのRomdeng

門をくぐるとテラス席が並んでいます(喫煙可)。

小さな二人用のテーブル席がいくつもあり

お一人様でも問題無く入れます。

プノンペンのRomdeng料理

画像はfish amok。ライスが付いて6.75$。

市中よりは若干高め。ビールも少々高めで

Angkorの大瓶1本3.75$で計10.5$でした。

 

・上海

172St. 紫印

過去記事でも登場したシャンハイは

食事だけに訪れている白人もいます。

 


にほんブログ村

【プノンペン関連記事】

プノンペン:BARのトイレで?!

その後の追加情報

 

ご購入者様利益を考慮しておりますので

プノンペンのお勧め風俗は詳細非公開です。

オトコの夜遊びガイド「プノンペン編」はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)