【プノンペン】当サイト初!ボーイズBAR情報

今回の磯仁様体験談はプノンペン

なんと、尾根遺産ではなく

ボーイズLOVEのBAR情報です。

プノンペンのBAR

 

◎場所の詳細

 

潰れてしまった、Sea World Bar での

LBとのエピソードは以前、

記事にしましたが、そのすぐ近くです。

 

174St.のRICHILY BOUTIQUE HOTELに

宿泊された磯仁様。

その真向いにあるGENERATIONS BAR。

夕方5時過ぎのオープンです。

 

◎声をかけてきたのは

 

入口にいる可愛い男の子?が

さかんに呼び込みをしてきます。

それこそ通るたびに、毎日のように

声を掛けられたので、遂に入店。

 

入口のドアは開けられていて

中は青白い明るい照明が。

入って右側にはBARカウンター、

その左側と奥の右側にテーブル席、

突き当たりの奥にはステージがありました。

 

カウンター席に陣取りまずは一杯。

カウンター内にはイケメンの

若いバーテンダー兼キャッシャーの男性と

ここでは唯一の女性?がひとり。

 

イケメンはそれこそタイのTVの

メロドラマに出ていてもおかしく無い程の

堂々のイケメンっぷり。

 

もし136STに連れて行ったら

BARの娘らが大騒ぎしそうな程です。

他のスタッフは皆細身の若いお兄ちゃん。

皆痩せていて美形の可愛いタイプでした。

 

◎店内の様子は

 

取り敢えずビールを頼んで一息。

お客の一人、初老の外人男性は

奥のテーブル席で二人の若い男の子を

侍らせて実に楽しそうに談笑中。

 

いつも声を掛けてくれる男の子が

ずっと笑顔で見つめているので

彼に一杯奢ります。

途端に嬉しそうに横に座ってくる男の子。

 

彼に話しを聞くと、ここはソノ気が無くても

全然問題無いそうで、実際若いカップルの

男女が一組、左側の席で

二人だけの世界に入っていました。

 

他にはカウンターの反対側の端に

ぽつんと座っている初老の外人がひとり。

 プノンペンのBAR2

◎ショータイム

 

さて、そうこうしているとお店の外から

三人の男性が入って来て奥の控室へ。

彼らがショーダンサーだそう。

 

ちなみにショーは週三日。

木、金、土の夜9時半から。

 

やがてステージが明るく照らし出され、

ステージに向かってスモークが

勢いよく吹き出し始めます。

 

するとそれが目当てなのか、

どんどんお客が入って来ます。

 

大音響の音楽に合わせて登場したのは

細身で長身のダンサー。

ブラにぴっちぴちの短パンという

マドンナ風の恰好で勢いよくダンス。

 

果てはステージから飛び出して

客席の床でダンス。

彼が大きく両足を180°広げて

ポーズを決める度に場内からは

割れんばかりの拍手!

 

しばし呆気に取られていると、

いつの間にかあのカウンターの隅で

じっとしていた男性が、首から提げた

一眼レフを手にステージの真ん前に!

実に生き生きとしています!

 

うーん、ちょっとだけ異様な世界です。

 

◎感想は

 

大阪にあるベティの何とかというお店に

入ったことはありますが、

それとは少し違う感じがしました。

 

日本ではお客が楽しませて貰いに

行く感じですが、プノンペンは

お店側もお客も一緒に楽しんで

大いに盛りあがると言う感じです。

 

物見がてらだったので、当方は退散。

会計は自分のコロナビールが3.75$、

彼に奢ったボーイズドリンク?が4$

(フルーツシェイクのカクテル)

 

至って安いものでした。

ちなみにオーナーはドイツの方だそう。

 

◎インタビュー

 

イケメンの彼と男の子と話をしたのですが

何故オトコが好きなの?と聞くと、

当方が女を好きなように彼らも自然に

オトコが好きなんだとか。

 

男の子は、自分はオトコとも女とも

どっちもイケると言っていました。

 

去り際にイケメンの彼が、

今は若いからいいが、

自分も齢を取ったらいつかは

当方のようにみすぼらしくなる・・

と寂しそうに言っていたのが

何故か心に残りました。

 

彼らも一番輝いているその時間を精一杯

生きているんだなと感じた次第です。

 

◎そして翌日には

 

翌日夜、帰国の為にホテルの前で

停まったタクシーに乗り込もうとした時、

お店の前に並んでいた

いつもの呼び込みの可愛いボーイ君と

イケメン君らが一斉に「どこ行くのー?」

と日本語で声を掛けてくれました。

 

これから帰国だよー、というと彼らは

歓声をあげながら精一杯手を振ってくれました。

 

たった一杯飲んで、

たった一杯奢ってあげただけなのに・・・・。

 

空港へ向かうタクシーの中で、

もし自分のものが役に立たなくなったら

こういう世界も有りなのかも??

と思った次第です。

 


にほんブログ村

(注)

オトコの夜遊びガイド:プノンペン編には

このジャンルの情報は未収録です。

 

【プノンペン夜遊び関連記事】

プノンペン:ひとり飯のお勧め情報

道待娘は今も?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)