【ホーチミン】あの床屋がまた緊急移転?

臨時更新で速報をお伝えいたします。

オトコの夜遊びガイド:ホーチミン編

ご購入者様から昨日お寄せ頂いた情報です。

 

昨年の移転後、年末に娘が集団離脱してしまった

ホーチミンの床屋(置屋)Thien Ly ですが、

またも夜逃げ?するかのように移転したそう。

U様のレポートです。

 

◎再訪してみたら

 

こんにちは。

夜遊びガイドブックのホーチミン編を

12月の訪問時に購入し活用させていただきました。

 

今回、先週末から再訪問したのですが、

5/14の20時ごろThien Lyを訪問したところ

閉鎖(移転?)真っ最中でした。

 

少なくとも金曜日までは

女の子は把握してなかったはずです。

金曜日夕方に訪問した際、

ついた女の子がかなり良かったので、

「また明日か明後日にくるよー」といって

退店したのですが、その際女の子は出口で

英語で「See You tomorrow」と言ってましたし。

 

◎摘発ではない模様

 

≪追記≫

後日、やはり摘発だったことが判明しました

 

入り口前に4トントラックが横付けしてあり、

椅子をおいて見覚えのない男が数名座ってました。、

 

現地在住のベトナム語喋れる人間同行でしたので、

彼に聞いてもらったところ「移転した」とのことでした。

公安の姿は見かけませんでした。

 

内部を覗いたらエアコンとか階段横のカウンターも

全部解体して取り外して搬出積み込み中でした。

 

ただ、12月からいた女の子一人が店の前にいたので、

摘発じゃなく急遽どこかにまた

引越し中なのかな?とは思います。

ベトナム:ホーチミンの風景

◎続報

 

その後、U様が2kmほど離れた移転先?住所に

行ってみたら、そこは訪問済の別の床屋だったそう。

(ホーチミン編2017-18版の20頁)

 

ということは、店舗統合ですね。

摘発でなかったということで安心しました。

 

それにしても、セキュリティにあれだけ経費も

かけたのに、1年でまた移転とは。

 

◎関連情報

 

昨年の暮れ、Thien Ly を集団離脱した娘たちが

ホーチミンから遠く離れた地で働いている、

と以前書きましたが、実は彼女たち、

その後ホーチミンに戻ってきており、

今は店舗ではなく、普通の民家を拠点に

細々と常連様だけを顧客に営業しています。

 

ただ、Thien Ly の経営者や関係者に

情報を知られる可能性もあるため、

その民家についての情報をどう取扱うべきか

現在熟慮中です。

 


にほんブログ村

【ホーチミンの床屋(置屋)関連記事】

イチオシ床屋から大量離脱が

大量離脱された床屋のその後

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)