【ホーチミン】ひとり飯のおすすめスポットは此処

オトコの【ひとり飯】シリーズ。今回はホーチミンです。日本人街とパッカー街から厳選して紹介を。

 

◎日本でも十分通用するラーメン

Hochiminh-Ramen

 

1軒目は日本人街のヘム(*)に昨年登場した「鳥そば梅もと」です。

(*)レタントン通りorタイバンルン通りから路地に入ると日本人向けの店が多数あります。

Hochiminh-Ramen2

Hochiminh-Ramen3

メニューはバリエーション豊富ですが、私が惹かれたのは「銀座タンメン」100,000VND。タンメンの常識を覆してくれる、絶品です!!

私がジャカルタのブロックMを訪れるたびに、必ず食べるのが越後屋さんの塩味のタンメン。野菜不足になりがちな海外ですし、滋味溢れるスープには胃も心も癒されます。

しかし「鳥そば梅もと」の銀座タンメンは、一般的な塩味のあっさり系スープではなくて、ダシの旨味がたっぷりの鳥白湯。

Hochiminh-Ramen4

そしてタンメンの出来を左右する野菜炒め。此処では秘伝の炒めダレを使っているうえ、1杯ごとに強火で絶妙に調理してくれていて、(まとめて作り置きしていません)野菜のシャキシャキ感が秀逸なんです!

日本で食べログのレビュワーもしている私は、アジアでは当然、ハードルを下げて評価します。でもこの銀座タンメンは、そんな「配慮」抜きでも文句なしに美味ですよぉ!!

 

◎同じPHOでも此処は格別

 

ホーチミンを訪れた際には、フォーとバインミー(バゲットのサンドイッチ)を欠かしたことの無い私。

ベトナム料理の代表格フォーは、何処で食べてもハズレがほぼ無くて、ありがたい存在です。

なかでも「また食べたい!」と感じさせてくれた、(実際、すでに3回リピートしています)PHOの名店が、パッカー街の外れにあります。

PHO-Hochiminh

ファングーラオ通りとĐỗ Quang Đẩu通りの角。早朝でも営業しています。ロンリープラネットあたりに掲載されているのか、白人客比率が高い店で旅行者慣れしています。

現地日本語誌のPHO特集や「地球の歩き方」で紹介されている他の名店にも行きましたが、味もボリュームも全然負けていません。

私が気にいっている点は、トッピングするモヤシが湯通しされていること。生モヤシだと、舌触りも生臭さもマイナスかと。

ついでに、この店と隣店の境で屋台販売しているバインミーも絶品です。この界隈で、過去4ケ所のバインミーを食べた結果、此処が一番だと断言いたします。


にほんブログ村

【ホーチミンの関連ページ】

セクシー系レストランが摘発くらった

バックパッカー街のマッサージ呼び込み

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)