【ホーチミン】一見客お断わり?!会員制の床屋

今年5月に、民家で開業したと思ったら

早くも移転してしまった、

ホーチミンで私がイチオシの床屋(置屋)。

ホーチミンの新しい床屋

私自身がホーチミンに住んではいないため

なかなか詳細がわかりませんでしたが

D様のご協力で全容が判明しました。

 

今回の移転先は、いわば高層マンションの一室。

住民用のキーが無いと、

エレベーターに乗ることができません!!

 

つまり、通りすがりの一見客はゼロ、です。

ママなり尾根遺産に直接、連絡をして

迎えに来てもらわなければなりません。

 

いわば「会員制」と同じようなものです。

これは余程、公安に気を遣っているのか、と。

 

一見客に期待しないでリピーターだけ、

というのは商売としてはかなり難しいわけで。

 

尾根遺産たちの人数と顧客数、

需要と供給のバランスがとれるんでしょうか。

 

≪2017/09/03 追記≫

懸念したとおり、お客があまりに少ないので

此処は閉鎖し、別の場所で10月から

営業を再開するようです。

 


にほんブログ村

【この床屋(置屋)の関連ページ】

あの民家置屋が早くも移転

新規開業置屋に早速行ってみた

 

ベトナムの公安事情を考慮しており、

詳細情報は一切、ブログ非公開としております。

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)