【マニラ】ヌキがセットのマッサージ

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」の調査で、まらむ様から頂いた情報で訪れたのは、ツーリスト・ベルトにある某マッサージ店。

HJがセットになったパッケージがある、と。

マニラ湾沿い

◎潜入

受付でパッケージ料金P1300を支払います。

80分でマッサ+手コキなら、悪くないかと。

「セラピストは実物を見て選べる?」とダメモトで訊いてみたらOKだと。

入店は平日の15時頃。選択肢は3名。いずれも推定20代ですが、容姿は並。

キャリア1年だというフィリピーナ。施術レベルはお世辞にも上手とはいえず。

マニラのマッサージ室内

旧ブログでも書きましたが、マニラにはマッサージ屋はあまたあれども、施術レベルは大抵、賞賛に値しません。

抜きありのマッサージ屋なら、尚更でしょう。

 

◎メインは

オイル・マッサージがひと通り終わって(全然、疲れがとれた感じはしませんでした)うつ伏せ状態のまま、尾根遺産の手が股間に。

袋のウラをツー、ツッーと爪で刺激してきます。

さらに両手の爪で、尻をスーーーっと撫でます。

気持ちいいというより、くすぐったい!!

次に両の掌でサオを撫で回します。こちらも腰を浮かせ協力します。

キモチよかぁ!

仰向けにされた頃には屹立しきったMyロッド。

ここで尾根遺産、いきなり「抜くならプラスP300よ」ですと?!

「なぜ?受付でパッケージP1300払ったよ!」

「あれはここまでのマッサージの分。

抜くならチップを貰わないと出来ないわ。」

まらむ様からP1600と聞いていたので、こういう意味か、と納得。

しかし、まずまず気持ちいいとはいえども、単純なHJだけではなかなかイけない私。

「脱いでくれる?おっぱい触らせて、お願い!」

「それならP300じゃなくてP1000よ」

「P1000は高いよ!」ととりあえず拒否。

「カワワ ナマン アコ」(かわいそうでしょ、わたし)

マッサージの間、身の上話を色々聞いたのが却って仇になってしまったか?!値切ってみたものの、頑として譲りません。

 

◎後悔

 どうせこのコスパでは、夜遊びガイドのご購入者様にはお勧めできないし、 だったらここで切り上げるのも一手です。

しかし、愚息はとうに臨戦態勢。このままでは生殺し状態だし、その晩はヌく予定もなかったので承諾。

トータルP2300になってしまいました。

半分以上、ドブに捨てた気分。

尾根遺産のテクニックがもう少しあるとか、向こうも感じてくれて、とかあれば満足感も違ったものになるでしょうけれど。

タッチNGでもHJだけでイける自信があればP1600で済むわけで、それならばアリ??

しかし当時およそP1600=¥3600でしたから、インドネシアなら430,000Rpくらい。30$としてベトナム・ドンなら600,000程度。

それで タッチNGのHJのみ と考えてしまうと、虚しさだけが残りました。


にほんブログ村

【マニラ風俗の関連記事】

10年ひと昔、を実感

マニラのカラオキヤで

ご購入者様の利益を考慮しており、マニラのとっておき情報はブログ非公開です。

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」はコチラ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)