【ヤンゴン】新規風俗開拓の顛末

今回はヤンゴン夜遊びの新規開拓を、と再調査に訪れた昨年秋のお話です。

 

◎ファラン御用達BAR

まずは英語情報で見つけた某BARへ。

ファラン目当ての援★尾根遺産がいると。

ヤンゴンのBAR

当然、個人営業なら英語は達者なはず。

決まりきった日本語の数ワード以外は英語もNG、みたいなエンペラーあたりのスレ娘よりも、マシではないか?と。

実はこのBAR、1年前にも訪れたんですが、店内にファランが溢れかえり、座る席もなくすごすごと退散した因縁の場所。

今回は少し早めの21時過ぎに入店。

しかし、様相は前回と大違い。

訪問した10月前半は、まだ雨季。観光シーズンの1月とは雲泥の差で、援★尾根遺産どころか、お客もまばら。

でも、盛り上がるのはもう少しあとか?とビール1杯で1時間粘ってみたものの・・・・惨敗でした。というより不戦敗、か。

こりゃあ、ダメだ。

ディスコのDJブース

◎ローカルなディスコ

見切りをつけて次に向かったのは、移転情報のあったローカル・ディスコ。過去に足を踏み入れたことのない地区。

タクシーも「知らない」と言ってましたがとりあえず目印の建物までは辿り着いて、人影まばらななか、ようやく一人見つけた一般男性に訊いてみたら「クローズしたよ」 ですと (涙

まだ移転から1年も経過していないのに?

おそらく賃料が安かったんでしょうが、こんな辺鄙な地区に移転した経営判断がどう考えてもオカしいな、と感じました。

 

「ホテルに戻ってくれ」 と運転手に告げ、失意のまま外の暗がりを眺めます。

こんなこと、過去にもあったよな。

そうだ、最近ではバリ島で同じ様な目に。でもバリの時は、既知のSPAを列挙したら新規開拓ができたんだっけ。

ディスコのライト

◎さらにもう1軒

気を取り直して、運転手に訊いてみます。

ディスコ名を列挙して「他には?」と。

「ダンナ、全部知ってるとは驚きましたゼ」

クソッ!、、、役立たずめが。

まぁ運転手に罪はないんですけど。

失意のまま次に向かったのは、これまたローカルなディスコ。

エンペラーの閉店後、一部の尾根遺産がそこに流れている、という情報の検証に。

ヤンゴンのエンペラー

エンペラーは23:30終了なわけですから、24時前後に集団で来店するのでは?

そして、当然それは「当日の売れ残り」。

だとすれば安く買い叩けるのでは?

(次回につづく)


にほんブログ村

【ヤンゴンのローカル・ディスコ関連記事】

検問と中間搾取にご注意を!

ヤンゴンにも、まだ純朴娘が?

こうした地道な調査を継続して作っています。

オトコの夜遊びガイド「ヤンゴン編」はコチラ

 

【ヤンゴン】新規風俗開拓の顛末」への2件のフィードバック

  1. >店内にファランが溢れかえり、座る席もなく

    エンペラーはどうだか知りませんが、J.J.なんかはファランはあまり見かけないですよね。テーメーにファランがあまりいないようなものもあるんですかね。そういえば、ホテルのロビーにいたら、ファランが2人女の子を連れ込んで、周りの人間(私をふくむ)が「はあ」という表情で見送ったことがありますが、どこで女の子を捕まえたのか興味のあるところです。後半も楽しみにします。

    ところで昨年ミャンマーから帰ってきたら同僚の女性が私に粘っこい口調で、「何にお金使ったんですかあ」と聞いてきて、別の女性からは「ヒックマンさん、現地妻がいるんじゃないんですか」と聞かれました。やはり東南アジア=売春のメッカという偏見は根強いようです、ってその偏見を補強しているのが私か。

    1. ヒックマン様、いつもありがとうございます。

      ファランはコスト重視の傾向が日本人より強いと思います。
      東アジア勢がつけあがらせてしまったエンペラーとJ.J.を避けるのは
      当然の成り行きだと私は思います。

      同僚からのツッコミ、私も同様の経験が当然あります。
      当時遠征していたのはフィリピンやソウル、シドニーだったので
      「カジノ!」のひと言で済ませていました。
      (まぁ、実際カジノも目的でしたから)

      ベトナムにもミャンマーにも無いわけではないので
      「実はカジノもあるのさ」でいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)