【香港】遠征終了。旧正月に関連して

これまではマカオへの経由地としか考えず、幾度となく香港には降り立っていながら、夜遊びしようとは思いもしませんでした。

昨年、アジアナイトウォーカーとしてではなく、香港の飲食関係情報をリサーチしていたなかで「ムムッ?!」と思った情報があったのと、磯仁様の香港体験談にも刺激を受け、今回の遠征に至った次第。

香港の夜景

私の香港遠征記はこれから順次書きますが、その前に、お馴染みmonkey様から頂いた旧正月関連の注意点を。

 

◎旧正月と前後は要注意

2月16~19日は旧正月連休ですので、まずマカオはほとんど嬢がおらず(大陸は7~10日間、連休ですし)、香港の141も結構寂しいです。

旧正月の前だったら、本土の援嬢は帰郷時のお土産代稼ぎに書き入れ時かもしれませんね。

正月明けはチップをねだられますのでご注意を。

“恭喜發財(ゴンヘイファッチョイ)”と言われると、用意しておいた”紅包”と言われる赤いポチ袋にHK$20~40を入れて渡すことになっております。

中国本土・台湾の読みはゴンシーファッチョイです。(タイでは”チンチアユーイー”でした)

 

◎ざっくり香港の感想

さて、私が香港に滞在したのは2/4-6の間。ちょうど日本にも寒波が到来していましたが香港も連日、昼でも10℃前後という寒さでした。

香港の美麗都

ホテル代の高い香港なので、重慶大厦と並ぶ割安GHの密集地「ミラドール・マンション(美麗都大厦)」に泊まったら暖房が無くて、上下とも外出着のまま薄い毛布にくるまって寝る羽目になりました。

シャワーの温水も出ないし、この時期の香港なら格安ゲストハウスは避けたほうが無難ですね。

街はすっかり正月の装いで、141で遊んでいればちょうど大陸嬢の書き入れ時だったのでしょう。

街角にはこんなポスター?も。

香港のサウナ

新春スペシャル価格で、141と同額ですね(笑

「ようこそ訪問」にも笑えました。

141はそもそも見学だけのつもりでした。インドネシアの夜遊びに慣れきった私にはどうしても割高感がありまして・・・

香港で、141以外の風俗関係はどうなのよ?と考えて回って参りました。詳しくは、また後日。


にほんブログ村

【香港の関連記事】

雑居ビルの風俗にチャレンジ

雑居ビルにはロシア系風俗嬢も

【香港】遠征終了。旧正月に関連して」への2件のフィードバック

  1. ずいぶん以前ですが、旧正月が始まる日に台北に行ったら、利用したキャリアはチャイナエアでしたが、驚かんばかりに客がいなくて、客室乗務員も暇だったので、私との無駄話に付き合ってくれました。たぶんあれ、747で客は、数十人くらいしかいなかったんじゃないのかな。そんなにはいなかったのかもしれません。

    もっとも帰りは2日後だったでしょうか、満席でしたが。今は時代が違うのでそんなこともないかもですが、あの客の少なさは忘れられません。あんな経験もうないかもです。

    >ミラドール・マンション(美麗都大厦)に泊まったら

    私は重慶大廈にちょいちょい泊まります。好きなオーナーさんのいる宿があるのです。重慶大廈も、昔のようないかがわしさは激減しましたが、それは香港のいかがわしさが減ったことでもありますね。ネイザンロードも、深夜まで女の子が平気で歩いています。

    1. ヒックマン様

      私も重慶大廈を覗いてきました。
      思ったほどカオスな場所ではないなぁ、という印象でしたが
      昔はもっといかがわしかったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)