ペナン島風俗の衰退

少し前に磯仁様のペナン島レポートをUPいたしましたが、今回は同じペナン島にリピートされた、だるまわんさ様の経験談を。

ペナン島の夜景

 

昨年末にマレーシアのペナン島に出張で行ってまいりましたが、その際に少しばかり調査をしてきましたのでそのご報告でございます。

 

◎健身中心の衰退

残念ながら国泰健身中心があった国泰旅社が、高級ホテルに生まれ変わり閉鎖されてしまいました。

2014年訪問時はこの國泰旅社の二階にベトナム人の若い子が囲われていて、それぞれの女の子が暮らしていると思われる部屋で致すという、なかなかソソる趣のある場所だったのですが。

また、以前あった赤石酒店やベルジャヤホテルのSPAは、大変残念ながら閉鎖されてしまったようです。

まじめなSPAだけだといわれてしまいました。

若くてかわいい中国人が多数囲われていて、選り取り見取りだったのですが…

現状生き残っているのは、訪れてみたところは3か所ですが、台湾健身中心だけのように見えました。

ペナン島pekingホテル

◎ポン引き

福建人のギラギラなポン引き親父が、この台湾健身中心の前に夜10時くらいから出没します。

以前マレーシアホテルの前に居たポン引きは姿を見なくなったので、だいぶ摘発されたのだと思います。

(マレーシアホテル内に囲っていたのですが)

このギラギラなポン引き親父、顔なじみで携帯番号も貰っているので、久々の対面に「早速行くんだろ!」とばかりに車に乗せられ、ロシア人を囲っているジョージタウンのオー★ラ★ート・アパートに移動しました。

ペナン島のホテル

*以下、画像もだるまわんさ様から

ここはC*TI*ELホテルとオーナーが同じであったはずですので、なるほどと思わずにはいられませんでした。

ペナン島のアパート

写真の通りアパートの中の管理人の番台には誰もおらず(夜10時くらいでしたが)、ポン引き親父が「今日は何階だ?」と確認して、この日は2階に上がりましたところ、思わせぶりに椅子が並んでいます。

ペナン島のアパート2

その右には食事中のロシア人尾根遺産も。

親父がパンパンと手を叩くと、ロシア人の尾根遺産がゾロゾロとやってきて、椅子に座ります。

ペナン島のホテル2

年齢層は25歳以上で、どれもまあイマイチな感じですが、ポン引きオヤジの顔を繋ぐために、350RMで50分一本勝負で28歳だという尾根遺産をチョイス。

・・・まあ、地雷ですわ。ホスピタリティがあるロシア人にあたるには、本国に行かないと無理っすね。

 

◎デリバリーは

翌日ポン引きオヤジに「最悪だ~、中国人かベトナム人いない?」と聞くと、囲っている店はないがデリバリーは出来ると・・・

デリバリーは意外とお得なお値段で、ショートタイム250RM、オールナイト550RMだというじゃないですか。

オールナイトのベトナム人をお願いしてみたところ、なかなか可愛い女の子をホテルの部屋まで連れてきてくれました。

ペナン島のホテル3

ただし言葉はベトナム語のみで、英語や中国語はダメ…写真もダメ…でもなかなか可愛く巨乳でもあったので遊んでしまいました。

プレイは非常に濃厚で、シャワー、キス、全身リップからの生F、そしてそのままつけずに生…(汗)皆様はお気をつけください。

中国人もチョイスしてみたかったのですが、翌朝が早いし連日の激務で疲れていたので、最終日は選ばずに帰ってしまったのが悔やまれます。

このポン引き親父、英語も出来ますし日本人顧客もたくさん持っているようです。

夜遅めの時間に、C*TI*ELホテルから台湾健身中心あたりにいる、ギラついたオヤジに声をかけてみてください。

 

◎管理人から補足

だるまわんさ様、レポートばかりか貴重な画像までありがとうございます。

宗教警察もおりますし、手入れについてはマレーシアはインドネシアより厳しめですね。

とだるまわんさ様もおっしゃってまして、一部伏字といたしました。


にほんブログ村

【マレーシア風俗関連記事】

ペナン島の夜遊びは今

ジョホールバル:その後の変化

これぞ一期一会【中東の尾根遺産】

ペナン島でインド尾根遺産

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)