南の島が恋しくなると

日本の、しかも寒いエリアに住む身ですと、冬の寒さを感じると同時に、南国の暖かさや薄着の尾根遺産が恋しくなるものです。(私だけ?)

今回のリバイバル記事は2012年1月の私自身の【妄想記事】で、名作ドラマ「北の国から」のオマージュ?です。

倉本先生、ごめんなさい。尚、画像はすべて著作権フリーサイトのものです。

 

拝啓 ケイコちゃん、お元気ですか。

ボクは今、出張でインドネシアに来ています。

富良野を発つとき、正吉がボクに言ったんだ。

(回想シーン)

「おい、純! インドネシアのオンナは、ボインボインの巨乳ちゃん揃いだってよ。」

「えっっ、マジっすか?!」

「もうボヨヨ~~んって、こんな感じよ、こんな。」

そんな正吉の言葉が、ボクにはずっと引っ掛かっており、、、

確かに夜の街では、尾根遺産たちはみな、ボディライン丸わかりの衣装を着ており、、、

なかにはオッパイが半分見えていたりする尾根遺産もいるわけで、、、

そしてボクの目はいつの間にか、その深い谷間に釘づけになっているわけで、、、

涼子先生、ボクは変になりそうです。

lady

そんなある日、事件は起こったんだ。

 

現地のスタッフさんたちを交えた、懇親会があって。

ボクの横に座った尾根遺産が、それはまさにボヨヨ~~ん、なわけで、、、

見ちゃいけない、と思ったけど、そこはやっぱりボクもオトコなわけで、、、

尾根遺産は、そんなボクの視線を感づいてしまったみたいで、ボクは照れ隠しに強いお酒を何杯も飲み、そして気がついたら、その尾根遺産の部屋に寝かされていたんだ。

「オォ、ダイジョーブ デスカ?」

「あっ、、、えっと、、、イ、、イエス、、、」

慌てていた。

ベッドの脇で尾根遺産はなぜか、黒の下着姿で立っていたからだ。

woman

「シンパイ シタヨ。アナタ、ヨッパライ アルネ。」

なぜなんだ。 なぜボクはココにいるんだ。なぜこの尾根遺産は。。。。

「アナタ、サッキ、、、タクサン、オッパイ、ミタ。」

「うっ、、、いや、その、、、、」

「ダイジョーブ。 アナタ、ワタシノコト、スキカ?」

「ス、好きっていうか、、、その、、、」

「ワタシ、アナタ、スキ。」

そう言いながら彼女は、ボクの目の前に座った。手を伸ばせばすぐそこに、深い、深い谷間が。

拝啓 ケイコちゃん、ピンチです! ボクは・・・

sexy

いつのことだったか、草太兄ちゃんがボクにこう言ったんだ。

(回想シーン)

「いいか、純!男には、逃げちゃいけない一瞬、ってものがある。オンナを傷つけてはいけない一瞬、ってものがある。そン時は逃げちゃダメだ。それが男だ。うん、オラ、そう思う。」

「ネェ、ドーシタノ? キモチイイコト、スル。ダカラ キテ。」

尾根遺産はブラジャーを取ってしまい、ボクの目には否応なしに、ボヨヨ~~んが飛び込んでくるわけで、、、、

正吉、これがインドネシアなのか? 正吉!

 

そのあとのコトは、よく覚えていない。

ただ、、、ただ、尾根遺産がボクのアソコを、まるでキャンディを舐めるように、おいしそうに、、、

父さん、ボクは、、、ボクは汚れてしまいました。

 

いかがでしたか?

私のように「北の国から」シリーズを何度もリピート視聴している皆さまには、僅かなりともお楽しみ頂けたかと存じます(お叱りを受けるかもしれませんが)。

この記事を書いた2012年の始め頃は、アジアナイトウォーカーとしての未来が見えず、精神的には苦しかった時期です。

でも「東南アジアに行きたい!」という情熱が煮えたぎっていた時期でもありました。


にほんブログ村

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)