【再掲】ジャカルタの闇を歩く

今回UPしますリバイバル記事は

2012年3月に「地球の遊び方」に投稿した

「第2154回  ジャカルタの闇を歩く です。

 

投稿は3ケ所のレポートで、今回は1ケ所目、

道路沿いの掘っ立て小屋(テント)です。

場所情報も公開いたしますが、

最近の状況は未確認です。ご了承ください。

 

≪追記2016/05/16≫

場所は以下記事より少し南でしたが、

今も健在でした!!

後日の再訪レポート

 

・リバイバル記事

ハルモニから西へ。

バイクやトラックが高速で走り抜ける、

太い幹線道路の脇に、暗くなると

「掘っ立て小屋」が作られます。

 

ビニールシートで出来た、

2m四方もないくらいのバラックです。

昼間は何も無いそうです。

 

歩道の脇に、尾根遺産がポツリポツリと、

数百mにわたって座っています。

その数は50名前後でしょうか。

 

案内をお願いしたローカルの遊び人は

「多い時は100名はいるだろう」

と言ってましたが。

 

多くの尾根遺産は、客が近寄っても

携帯をいじり続けています。

 

ジャカルタのテント嬢

端からチェックし始めて3人目。

なかなかの美形(推定20代中頃)が。

 

言い値は7万Rp。

私が「置屋長屋」と呼ぶ、

マンガブサルの置屋群にいたなら、

お店のエース格になれるでしょうに。

 

値段だけ聞いて通り過ぎたら、

私の次に声をかけていたローカルと、

即決で交渉が成立したらしく、

掘っ立て小屋に消えていきました。

 

jakarta-tent

周囲は街灯もなく、通り過ぎる車の

ヘッドライトしか明かりがありません。

小屋の中はほぼ真っ暗でしょう。

 

どんどん歩道を進んでいくと、

「おっ!」と思うような

若い小柄な尾根遺産が。

 

鼻ピアスがマイナス・ポイントですが、

小柄で細身は私好み。

 

年齢は自称19歳ですが、

もう少し下に見えます。

言い値は5万Rpです。

 

昼間、別の場所で抜いていたし、

この後も何ケ所か回るので、

ここでは見学のみと決めていました。

ジャカルタのテント嬢4

そこで近くの屋台?で

ドリンクをおごり(2千Rp)、

1枚だけの記念撮影。

 

 

が、ありゃりゃ、

ソッポ向かれちゃいました。。。。

 

引用元:地球の遊び方

・解説

 

さて、この場所ですが、

マーカーあたり、としか申せません。

というのも、マンガブサルからバイクで

連れていってもらっただけで、

当時はスマホで位置確認、なんて所業も

できなかったので・・・

 

≪追記2016/05/16≫

Jl. Pangeran Tubagus Angke に折れてすぐ、

数名が立っていました。

その先(北側)には、テントも健在でした。

 


にほんブログ村

【ジャカルタ路傍風俗関連記事】

ジャカルタの妖怪、健在なり

 

【再掲】ジャカルタの闇を歩く」への2件のフィードバック

  1. テントまだありましたね。何度か摘発されてはいるみたいなんですが、根強く復活してます。
    テントに 50000Rp/CROTT と、一発5万ルピアだと書いてありました。
    明るいうちにもテントありましたね…

    1. だるまわんさ様、情報ありがとうございます。

      実は私も現地に再訪いたしました。
      このあと記事にいたしますが、言い値はナント20万でしたよ。
      テントに「価格表示」があるとは思いませんでした。

      ということは、ボラれずに遊べる?
      まぁ、私はテントでハメる気にはなりませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*