ヌーディスト・レストランが日本に

・回想

 

私がまだ中・高校生だった頃。

テレビ東京の深夜帯では当時、

今では考えられないような番組が。

(飯島愛がTバック姿でブレイクした

「ギルガメッシュ・ナイト」よりも以前)

 

それは「海外ヌーディスト地帯」に潜入、

みたいなシリーズ。

 

今思えばたいした内容ではありませんが、

当時ティーン・エイジャーの私は、

日本では考えられない、海外のそんな

「別世界」に憧れたものです。

 

・本題

 

さて、読者の皆さんはご存じでしょうか?

イギリスや豪州で大人気の

「お客が全裸で食事するレストラン」を。

 

その Naked レストランが今月末に、

なんと日本にも登場するのだそうで。

 

 

世界的に話題を集めている

NAKED RESTAURANT(裸のレストラン)が、

7月29日(金)に日本に初めてオープンする。

 

この裸のレストランは、ロンドンや

オーストラリアでは1日で完売と言われ、

現在2万人待ちとも3万人待ちとも

言われている。

 

日本で初めての試みとなる

裸のレストランは他の国とは異なり、

完全な裸ではなく、Gストリングや

小さなショーツを着用する事が条件。

 

また、他の国のように誰もが入店可能な

わけではなく、18歳~55歳までの年齢制限と

レストラン独自の判断による体重制限を

設けてのオープンとなる。

 

■NAKED RESTAURANT 「THE AMRITA」

オープン:2016年7月29日(金)

場所:東京(メールにて連絡)

年齢制限:18歳~55歳

体重制限:醜くない程度の体重

(レストランの独断と偏見で決定)

 

公式HPによれば、期間限定で、

東京の他に名古屋・京都・大阪でも。

 

そんなシチュエーションで食べる料理、

味なんかわからなくなりそうですが、

面白そうではあります。

 

Gストリングorショーツ着用 ということは

トップレスなのは確かですよね。

此処に行く度胸?のある日本女性が

果たしてどの程度いるのやら、ですが。

 

・カンボジアでは

 

インパクトはそこまでではありませんが

東京で店舗数拡大中の、セクシー系?

レストランの HOOTERS

 

あのフーターズがなんと、カンボジアの

プノンペンに来月OPEN予定、とか。

ところが・・・・

 

磯仁様の最新報告です。

 

プノンペンのHOOTERS

あのHOOTERSがどうやら

ここプノンペンにもOPENするようです。

場所は104STのリバーサイド側入口の角。

 

OPEN SOONの表示と共に

店員募集の幕も掛っております。

 

しかしOPENは今年の8月とありましたが、

今既に7月の半ばで建物がこの状態では

一体いつになるのやら・・・・・。

 

・管理人から追記

 

10月にプノンペンを訪れ、見に行きました。

まったく工事している気配はありません。

 

カンボジアでは、着工してからも

資金難で放置される建物が多いとか。

 


にほんブログ村

【世界のセクシー系トピック】

オッパイよりオシリ!な方々へ

選りすぐりのインドネシア美女が

ヌーディスト・レストランが日本に」への4件のフィードバック

  1. 身長に対する平均体重より15㌔って寅にとってはキツイです。
    背が5センチ以上今より高ければ平均体重も増え何とかギリかなぁ。
    なにせBMI指数でかなり肥満に近そうな数値と医者から怒られている寅、
    心底行きたければダイエットと日々の運動が必要ですが何方もイヤなのでハナから諦めました。

    1. 寅 様

      メタボを自覚する私はハナから諦めております(苦笑

      1. 歯科通院で診察待ち時間で読んだ週間新潮8/4号にこのレストランの東京会場の紹介記事があり以下の点で驚きました。
        1 申し込み1万人、内東京在住の外国人が4割
        2 申し込み日本人の分析では、日頃鍛えた裸身を披露したい、自分の裸身にちょっかいかけてくれる人探しで参加する若い女性、○○の記念で申し込む夫婦 が印象に残りました。
        3 小さなショーツ着用 女性はブラや記事の薄いバスローブあり、は性器露出は猥褻罪に該当するので当局と弁護士に相談した結果だった事

        以上の3つで申し込み者のイメージがつきましたが、尚更メタボは店より門前払でガッカリよりも、申し込みしたいという未練自体が無くなりました。

        1. 寅 様、ありがとうございます。
          実は私も今、歯科医にシューイチ通院です。

          それにしても、1万人とは・・・・(唖然)
          それだけのニード?マーケット?があるとわかったら、
          単発ではなく継続しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*