2017【イポー】グルメ情報

イポー再訪シリーズの最後はグルメ関連情報です。

ipoh-MAP

◎屋台街

巨大ホテルSyuenとExcelsiorの間にあるロータリーから南下し、Jl. Sultan idris Shahを渡ると屋台街が続いています。

ただし、夕食時のみで昼間は営業していません。

◎イポー名物のタウゲなら

Ipoh-food1

イポー名物のタウゲ(モヤシ)は、太くて短くて「モヤシ臭さ」が全くない、絶品です。これを味わうことなしにイポーは語れません。

「地球の歩き方」にも掲載されていたイポーの有名店「安記」は、タウゲは絶品です。

しかし旧ブログ記事で批評したとおり「フニャフニャのクイッティアオ」「パッサパサのチキン」は、お勧めできるレベルと思えませんでした。

しかも「安記」は、主要ホテルから徒歩で行くには距離がかなりあります。

Ipoh-hotel-tower-regency

巨大ホテルSyuenとExcelsior、さらに北のTower Regency(画像)、この間のエリアなら十分、歩いて回れます。

ipoh-map2

タウゲを味わうなら、大家楽(Tai Kar Rock)。

Tower RegencyとExcelsiorの中間あたりです。

Ipoh-tai-kar-rock

昼はジモティで混雑しています。夜は営業していません。

Ipoh-tai-kar-rock2

私がオーダーしたのはタウゲと海老春巻、ドライカレーヌードル、ミルクティーで11RM。春巻は頼まなくてもよかったかなぁ~

 

◎朝から大混雑の人気店

同じエリアでもう1軒、KEDAI KOPI KENG NAM もおすすめです。

大家楽の1本西側の通りで、Tower Regency寄りです。

Ipoh-KEDAI-KOPI-KENG-NAM

ホテルが朝食つきではなかったので、朝から界隈を歩いていたなかで、ここだけが異様に混雑していました。

Ipoh-KEDAI-KOPI-KENG-NAM2

多くのお客が注文していたのが、画像のカレー風味のヌードルでした。朝からカレーはちょっと・・・という方でなければジモティに混ざって1杯、いかがでしょうか。

この店、なんと午前だけで営業は終了です。

同エリアには和食屋もありました。その記事はこちらです。


にほんブログ村

【イポー関連記事】

2017イポーふたたび(その1)

2017イポーふたたび(その2)

Pocket

2017【イポー】グルメ情報」への2件のフィードバック

  1. イポー駅から歩いて2,30分くらいでした。ダンノックにからクアラルンプールに行く途中で寄りました。鶏のモヤシ炒めは確かに絶品でした。

    1. H様、わざわざコメントありがとうございます。

      そうでしたか、イポーにもお立ち寄りしていらっしゃったのですね。
      あのタウゲ、ホントに旨いんですよね。
      イポーの水質もあるようですが、品種も違いますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)