ANAがジャカルタ行きを増便

ジャカルタへご出張、または夜遊びに

出かけるご予定の皆さまに朗報です。

ANAが来月から、羽田空港夕方着を増便!

 

従来の羽田便は「ジャカルタ夜発羽田朝着」。

増便は、ジャカルタ午前7時10分発、

羽田午後4時35分着になるそうです。

 

成田便とあわせて毎日3往復、週21往復。

インドネシアからの観光客増加に伴う

ニードに応えるためのようですが、

ご出張時の選択肢が増えるのはいいですね。

 

ただし朝の便ですから、

スカルノハッタ空港へ向かう際には

悪徳警官に対する警戒は必要でしょう。

 

ちなみに羽田→ジャカルタの増便は

午後11時30分発、翌午前5時5分ジャカルタ着。

エアアジアのKLIA2

◎バリ島直行便も増便に

 

増便といえば、同じインドネシア関連で

エアアジアも今年5月から、

成田発バリ島行きの直行便を就航させたのは

既報のとおりですが、これが人気だそうで。

 

週4便でスタートしたのが

ひと月もしないうちに増便になりました。

 

JALが撤退して以降、ガルーダしかなかった

バリ島直行便ですが、ニードはあったんですね。

 

◎プノンペン行きも増便に

 

先日、今年後半の遠征プランを練る中で

あれ?と気が付いたんですが、エアアジアの

クアラルンプール⇔プノンペン間も

9月13日から1日3便に増えますね。

 

クアラルンプール発12:05分です。

プノンペンの観光名所

これまで、羽田発KL経由プノンペンの場合、

早朝発のプノンペン行きには乗継できず、

15時発の便まで9時間も

KLIA2で時間を潰さなければなりませんでした。

 

私もその9時間待ちを経験済ですが、

これが6時間になるわけですね。

 


にほんブログ村

【エアライン関連記事】

バニラエアも苦戦か?

バンコク空港:抜き打ち検査に注意!

ANAがジャカルタ行きを増便」への2件のフィードバック

  1. ANAは、ヤンゴン直行便、プノンペン直行便も出していますから、ASEAN諸国に関してかなりやる気がありそうですね。ただ昨年ヤンゴンに行った際はかなり空いていたので、正直「大丈夫かよ」でした。

    >早朝発のプノンペン行きには乗継できず、
    15時発の便まで9時間も
    KLIA2で時間を潰さなければなりませんでした。

    私は貧乏性ですので、マレーシアに入国してしまいます。全くの余談ですが、マレーシア航空を使ってヤンゴンに入国した際は、KLでのトランジット中ミャンマー人にミャンマーの入国カードを書いてくれと頼まれまして、思わず「???」でした。

    >JALが撤退して以降、ガルーダしかなかった
    バリ島直行便ですが、ニードはあったんですね。

    ジャカルタについては知りませんが、バリについては例のテロが本当に痛かったですね。あれで世界中の観光客が逃げましたから。

    バリにはまだ行っていませんが、トップレス女性の見学と並行して楽しんでもよさそうですね。

    1. ヒックマン様、いつもありがとうございます。

      バリ島に関してですが、当時たしかにあのテロで観光客は減りましたが、
      一番のメイン顧客であるオーストラリア人など、
      日本人以外は翌年あたりからかなり回復した、と以前聞きました。

      ところが日本人だけは、なかなか戻ってこない、と。

      かつてクタあたりの、観光客相手のレストランでは
      メニューに日本語併記の店も多かったのが
      今や中国語併記ですからね。

      蛇足ですが、バリ島で私はトップレス女性を見たことがありません。
      あまりビーチには行かないので、断定はいたしませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)