otokonoyoasobi のすべての投稿

2017【イポー】アクセス情報

4年前の遠征時、「地球の歩き方」だけでは

イポーへのアクセス関連情報が少なくて

私自身も悩みました。

今回利用したアクセス方法を解説いたします。

 

◎クアラルンプールの空港から

 

4年前は鉄道利用だったので、今回はバスで。

KLIA2のバス・カウンターに行って

イポー最寄りのアマンジャヤ・ターミナル行きの

チケットを購入します。

YOYOエクスプレスという会社の直行便があります。

Ipoh-bus-schedule

かなりの便数があります。KLIAにも回ります。

Ipoh-bus-ticket

片道RM45.00です。

 

続きを読む 2017【イポー】アクセス情報

2017イポーふたたび(その2)

今回イポーでは★番SPAを3ケ所回りました。

3軒とも生Fは標準でした。

ipoh-nature-view

そのなかで最も在籍の尾根遺産数が多く

地元客で繁盛していたのが「T」。

 

◎店内の様子は

 

ラインアップはタイ数名とベトナム10数名。

若く見えるのはベトナム尾根遺産集団に。

でもコンシアは「英語が話せるから」と

タイ尾根遺産を勧めてきます。

 

続きを読む 2017イポーふたたび(その2)

2017イポーふたたび(その1)

マレーシアのイポーといえば私にとって、

人生初のイラン尾根遺産と対戦した思い出が

強烈に残っている場所です。

 

今夏、懐かしいイポーを再訪して

近況を確認してきました。

ipoh-nature-view

当然のように、イポーについた晩にすぐ

懐かしいSPAを再訪問。でも、当然ながらもう、

イラン尾根遺産は働いてはいません。

 

◎現在の品揃えは

続きを読む 2017イポーふたたび(その1)

【プノンペン】和食不毛地帯に新店登場

和食処自体は、イオン内をはじめとして

市内南部に多数あるプノンペンですが、

夜遊びエリアに関しては吉野家の撤退後、

和食不毛地帯でした。

 

そこに新店が続々と登場しています。

 

続きを読む 【プノンペン】和食不毛地帯に新店登場

【アンヘレス】メインストリートのBARで母乳プレイ?

磯仁様のフィリピン:アンヘレス体験談、

今回はフィールズ界隈です。

 

この界隈のお店は総じて高めで、

3,000ペソのお店が多かったです。

日本語を流暢に話す娘もちらほらと居りました。

 

どこのお店でもこちらが日本人と判ると

「チョコレートを持っているか?」

まるで判を押したように言われました。

これも先達の皆さま方のお蔭でしょうか??

 

とは言え日本人は優しい、安心だというイメージを

植え付けて貰えたのには素直に感謝です。

 

◎GECKO’S

続きを読む 【アンヘレス】メインストリートのBARで母乳プレイ?

【ジャカルタ】私の遠征はもっと前なのに

今朝までクアラルンプールに3泊4日で

アジアナイトウォーカーとしてではなく

滞在していたのですが、

安ホテルのwifiが劣悪なせいでしょうか、

PCからネットに全くアクセス出来ませんでした。

 

コメントを下さっていたKk様、モンキー様、

承認が遅れ大変申し訳ございませんでした。

 

 

さて、某ツイッターの内容を私がパクッたと

勝手に決めつけている輩からも、

その間に更なる攻撃が。

 

確証もないのに、人格攻撃までしてくる輩には、

敢然と反論いたします。

 

◎そもそもの話

 

某氏のツイッターからパクった瞬間記事にした

 

という、そもそもの指摘が全く勘違いなわけですよ。

だって、私がジャカルタに滞在していたのは

9月7日から10日までの3泊です。

passport-page

画像は私のパスポートの該当箇所です。

増補の33ページまでいってます。

 

続きを読む 【ジャカルタ】私の遠征はもっと前なのに

【ホーチミン】夜逃げ?した床屋のその後は

今年5月に、ホーチミンの置屋(床屋)が

夜逃げでもするかのような状況だったと

速報を頂戴したU様から、続報です。

(実際は摘発をくらっていました)

 

 

今回ママにも改めて聞きましたが、

あくまで「閉鎖」と言い張っていたので

お客には「摘発」といいたくなかったのかな?

と思います。

 

「女の子5人くらいの店より、15人くらいいる

今の店の方がいいでしょ?」との事です。

現在の在籍は20人くらいだそうです。

aodai-hochiminh

 

◎今回の指名でも

続きを読む 【ホーチミン】夜逃げ?した床屋のその後は

【ブルネイ】風俗不毛国家にも抜け道はあった

今回のリバイバル記事はブルネイ。

A様から頂戴したレポートのなかでも

6年前とはいえ貴重な情報と考えました。

 

◎ブルネイは風俗不毛の地

 

東南アジアに位置するイスラム教国家

ブルネイを訪れ、夜遊びも軽くしてきたので

報告させて頂きます。

 

ブルネイはマレーシアやインドネシアに比べ、

よりイスラム色が強い国家でした。

 

コンビニや商店でもタバコが裏の棚に

見えないように置かれており、

お酒については一切の購入ができない、

という厳格ぶりです。

(旅行者は外国からの持ち込みが

許されているそうです。)

 

そこで夜遊びはできないものかと思っていたら、

やはりありました。

しかし、タクシーの運転手にお願いしないと

旅行者には絶対にわからないと思います。

 

以下、夜遊びに精通しているタクシー運転手の

見つけ方も含め、流れを書いておきます。

 

続きを読む 【ブルネイ】風俗不毛国家にも抜け道はあった

【ジャカルタ】新登場のディスコに潜入してみたら

今年5月のジャカルタ風俗調査。

だるまわんさ様にご同行頂いて

あちらこちら回っていた道すがら。

 

タクシーの運ちゃんが

「ココね、かなり若い娘もいるんですよ」

と教えてくれた、新しいディスコが。

 

しかしそのあと、既報のとおり

悪徳警官に遭遇してしまったため、

そのディスコへの潜入を試みている

時間的・精神的な余裕がありませんでした。

 

翌日夕方、他店からの帰り道に立ち寄り、

開店準備中のスタッフにきいたら

「此処はクラブだよ」と。

 

ゆえに拙著「ジャカルタ応用編」には

参考情報として一応、収録しましたが、

実際、どうなっているのか気になっていました。

 

◎潜入してみたら、予想外で

 

続きを読む 【ジャカルタ】新登場のディスコに潜入してみたら

【ホーチミン】バックパッカー街のマッサージ呼び込み

今回の磯仁様レポートはホーチミンです。

バックパッカー街のブイビエン通りを歩くと

やたらとマッサージの呼び込みがいますが

試すには勇気が要りますよね。その実態は?

Hochiminh-Bui-Vien-street
Hochiminh-Bui-Vien-street

 

続きを読む 【ホーチミン】バックパッカー街のマッサージ呼び込み