タグ別アーカイブ: マッサージ

『オトコの夜遊びガイド』ホーチミン編を改訂しました

「オトコの夜遊びガイド」の再調査で今月、今年3度目のホーチミン遠征。

日系ラウンジ「仔猫」「キャッツアイ」のママを過去記事で紹介しましたが、驚いたことに今月、経営権をチーママに売却し、夜のビジネスから手を引いてしまいました。

理由は訊ねませんでしたが、一抹の寂しさが。

 

◎ブンタウに移転した例の置屋は

ブンタウ遠景

≪追記2018/02/10≫

ブンタウでも公安に摘発されてしまいました。現在、閉鎖状態です。

 

続きを読む 『オトコの夜遊びガイド』ホーチミン編を改訂しました

【ジャカルタ】ローカル御用達風俗潜入記

今回紹介しますのはS様のジャカルタ体験談。以前の記事「20万置屋に再訪」の場所と同じ方面にある別のディスコ置屋です。

S様から情報を頂戴したのはもう1年ほど前で、今秋、ようやく私自身も潜入できました。

ストリップ・クラブ

◎そのお店は

ここは雰囲気からするとクラブですね。すごい爆音です。

日曜日の21:00頃入ったのですが、入ってすぐ目の前にステージがあり、丁度ストリップをしていました。

続きを読む 【ジャカルタ】ローカル御用達風俗潜入記

【ホーチミン】夜逃げ?した床屋のその後は

今年5月に、ホーチミンの置屋(床屋)が夜逃げでもするかのような状況だったと速報を頂戴したU様から、続報です。実際は摘発をくらっていました。

 

今回ママにも改めて聞きましたが、あくまで「閉鎖」と言い張っていたのでお客には「摘発」といいたくなかったのかな?と思います。

「女の子5人くらいの店より、15人くらいいる今の店の方がいいでしょ?」との事です。現在の在籍は20人くらいだそうです。

aodai-hochiminh

◎今回の指名でも

続きを読む 【ホーチミン】夜逃げ?した床屋のその後は

【ジャカルタ】新登場のディスコに潜入してみたら

今年5月のジャカルタ風俗調査。だるまわんさ様にご同行頂いてあちらこちら回っていた道すがら。

タクシーの運ちゃんが「ココね、かなり若い娘もいるんですよ」と教えてくれた、新しいディスコが。

しかしそのあと、既報のとおり悪徳警官に遭遇してしまったため、そのディスコへの潜入を試みている時間的・精神的な余裕がありませんでした。

翌日夕方、他店からの帰り道に立ち寄り、開店準備中のスタッフにきいたら「此処はクラブだよ」と。

ゆえに拙著「ジャカルタ応用編」には参考情報として一応、収録しましたが、実際どうなっているのか気になっていました。

 

◎潜入してみたら、予想外で

続きを読む 【ジャカルタ】新登場のディスコに潜入してみたら

【ホーチミン】バックパッカー街のマッサージ呼び込み

今回の磯仁様レポートはホーチミンです。

バックパッカー街のブイビエン通りを歩くと、やたらとマッサージの呼び込みがいますが試すには勇気が要りますよね。その実態は?

Hochiminh-Bui-Vien-street
Hochiminh-Bui-Vien-street

続きを読む 【ホーチミン】バックパッカー街のマッサージ呼び込み

【アンヘレス】ヌキのオプションつきマッサージ屋

今回の磯仁様レポートはアンヘレス。定番のGOGOだけがヌキ処ではないようで。

 

◎ぶらりと立ち寄った店で

午前中にする事も無いのでマッサージでもと思い入店。

マッカーサー・ハイウェイ側からウォーキングストリートに入って、すぐ右手にあるマッサージ屋。店構えからしてまずまずまともだったので。

アンヘレスのマッサージ

続きを読む 【アンヘレス】ヌキのオプションつきマッサージ屋

【スラバヤ】あのドリーは今、どうなった?

今回はH様のスラバヤ/ドリーの近況です。画像もH様から頂戴した今月のものです。

 

◎思い返せば

私がドリーを知ったのは十数年前、Gダイアリー「風俗開放戦線」猫巻師匠の記事。

当時の謳い文句が“東南アジア一の規模の赤線地帯“。

道を通れば、そこらじゅうのポン引きから「マスッ(お兄さん)」と呼び止められ、賑やかな様相だったらしい。

その記事を読んで、いてもたってもいられず、覚えたてのインドネシア語を磨き、いざドリーへ。

スラバヤのドリー

記事の通り一発80,000ルピア。「murah meriah(めっちゃ安い)」と思わず声が出てしまった。

続きを読む 【スラバヤ】あのドリーは今、どうなった?

【マカオ】サウナのラウンジでイチャついて

磯仁様のマカオ報告、今回はサウナです。

 

◎サウナの立地は

直接マカオ空港から入ったので、クーポン無しで金池サウナに入りました。

週末金曜日の夜6時過ぎに入店。入っているのは雑居ビルの中。

マカオのサウナ2

入口は三か所あり、入った中央にはレストランの予約受付のようなカウンターがあり、そこにいた案内役のお兄さんが一覧表を見せながらコースの説明をしてくれます。

このお兄さん、日本語がとても堪能でした。

 

◎コースと料金

 

続きを読む 【マカオ】サウナのラウンジでイチャついて

【マカオ】あのダーリンは今

先月は磯仁様の香港141レポートを紹介しました。今回は続きでマカオです。

 

◎管理人から先に解説を少々

ダーリン(打令浴室)はマカオ風俗の代表格。

「男なら一生に一度は打令に行くべし!」と香港人男性に言わしめたというお店。かつて私も友人知人を何度も案内しました。

打令浴室は、日本のソープを模した店だと随分前にどこかで読みました。

下画像のように英語名はサウナになってますが、マカオの他サウナのようなラウンジとか休眠区、無料の飲食などはありません。

以下、画像も磯仁様のご提供です。

マカオのダーリン

続きを読む 【マカオ】あのダーリンは今

【マレーシア】クチンって、夜はどうなの?

今回の磯仁様レポートは2017新規開拓編。

舞台はマレーシアのクチン。といってもピンとこない読者様も多いことでしょう。

ボルネオ観光の拠点Kuching。夜遊びの方はどんな感じなのか、探訪記です。テクニシャンとの思わぬ出会いがあったそうで。

 

◎クチンは「猫の街」

猫の街と呼ばれる「クチン」は、ボルネオ島のサラワク州の州都で、シンガポールからは飛行機で僅か1時間半弱の近さです。

街にはその由来になぞらえてか、猫のモニュメントがいくつもあり、それも観光名所のひとつとなっております。

クチンのモニュメント

また、週末には夕方から、街の中心部を流れるサラワク川沿いに夜市が開かれており、観光客や地元の方などで多少の賑わいを見せておりました。

クチンの街

さて、「クチン 風俗」というワードで調べても何らその類の情報が見つかりません。

続きを読む 【マレーシア】クチンって、夜はどうなの?