タグ別アーカイブ: ミャンマー

【ヤンゴン】邦人価格は存在する

前回記事の、エンペラー娘のインタビューは

文中でもお断わりしたように、

あくまでも娘の言ったままを掲載しました。

 

それについてtoripapa様から、

大変参考になる知見をコメント欄に頂戴し、

ぜひ皆さまにもご一読いただきたく、

改めて記事としてUPいたします。

なお「てにをは」や、色文字での強調など

私の方で若干の修正をしております。

 

続きを読む 【ヤンゴン】邦人価格は存在する

【ヤンゴン】検問と中間搾取にご注意を!

オトコの夜遊びガイド:ヤンゴン編」の

ご購入者D2様から頂戴したレポートです。

 

・警察の検問

 

現地に知人もいるのですが、貴PDFを購入、

彼に同行してもらい方々回ってきました。

 

滞在中のある晩、私をホテルに送ったあと、

彼は自宅への帰路で検問に遭遇してしまい、

身元や車内を徹底的に調べられたそうです。

 

彼の話では、政権が変わって4ケ月、

新担当相は実績作りに気合いを入れており、

夜の検問は市内の至る所でやっている由。

 

続きを読む 【ヤンゴン】検問と中間搾取にご注意を!

ヤンゴンにも、まだ純朴娘が?

今回UPします体験談は、

ヤンゴンのローカルなディスコ

 

「オトコの夜遊びガイド」ヤンゴン編では

2016-17版から収録したお店です。

商品イメージ

実質ラブホ、のホテルがすぐ隣なので、

ご自身のホテルあるいは部屋には

持ち帰りはできない

というご事情の方々にお勧めです。

 

続きを読む ヤンゴンにも、まだ純朴娘が?

ヤンゴンの中国系KTVで

今回の磯仁様による体験談は、

ディスコではなく、ヤンゴンのKTV

 

ヤンゴンでの夜遊びといったら、

多くの同朋がディスコONLYかと。

日系ラウンジ(カラオケ)ともまた異なる

中国系KTVの実態は??

 

・プロローグ

 

以前宿泊した際、フロントの親父さんに

ホテルに入っているKTVについて

「娘は連れ出せるの?」 と聞いたところ、

「KTVの娘を気に入ったら、夜11時以降なら

50US$で一晩連れ出せるぞ」 と言われ、

次回こそはと思って居りました。

 

娘はミャンマー人の他に中国人もいるとのこと。

 

続きを読む ヤンゴンの中国系KTVで

ヤンゴンのディスコをハシゴして

今回紹介しますのは、monkey様の

ヤンゴン体験談です。

私の再訪とほぼ同時期(今年1月)のお話。

 

◎1日目

≪エンペラー≫

女の子が集まる時間もファッション・ショーも

21時半頃から開始していました。

ヤンゴンのディスコ「エンペラー」
ヤンゴンのディスコ「エンペラー」

それまでの間は暗がりの中に座ると、

30人位の嬢に囲まれました。

みんな携帯のライトを頼りに

顔だけ照らすので少し怖かったです。

 

続きを読む ヤンゴンのディスコをハシゴして

【ヤンゴン郊外】エンペラーより花輪代が高い?!

今回の磯仁様による体験談は、

ヤンゴンの郊外にポツンとあるお店。

旅行者はまず行かない、

そんな立地なのに???

 

 

形式はKTVですが普通のレストランのようで、

飲み物も料理もかなり充実しております。

この時間お客の入りはまだ5割程でしょうか、

何故か若い男性のグループが多いです。

 

ショーが始まったのは夜7時過ぎ。

登場した真っ赤なドレス姿のお姉さん、

キーボードの演奏に合わせて歌うのは?

どこかで聞いたようなメロディーだな、

と思ったら何と北国の春(ミャンマー版?)。

 

次に登場したのは物凄く綺麗なお姉さん、

これがもう若くて可愛いこと!

スタイルも抜群です。

しかも訳のわからないミャンマー語ながらも

歌が抜群に上手いのが判ります。

 

と、すぐに花輪が! って?

ボーイが二人がかりで運んできたのは、

あの花輪を掛けるハンガー、そのもの丸ごと!

 

そこには花輪がぎっしりと掛っております。

さらに花束!さらにさらにぬいぐるみ!って。

客席からは怒涛のような拍手と歓声が!

 

続きを読む 【ヤンゴン郊外】エンペラーより花輪代が高い?!

【再掲】ヤンゴンの超絶名★娘

旧ブログでも何度か嘆きましたが、

昨今のミャンマー尾根遺産たちの

スレ度合は嘆かわしい限りです。

 

初めてヤンゴンに赴いたのは2010年6月。

W杯:南アフリカ大会の直後でした。

そのとき出会った、奥ゆかしいながらも

超絶★器の持ち主だった娘の記事を

部分引用で。

 

続きを読む 【再掲】ヤンゴンの超絶名★娘

2016年は何処へ?

正月早々のロンボク島に関する

注意喚起にはビックリしましたが、

今年も当ブログをよろしく

お願い申し上げます。  

 

・反省

昨年は「もうちょっとインドシナ」をテーマに

という心意気でしたが、諸事情ありまして

思ったほどの活動ができませんでした。

 

今年は残している開拓候補地を

少しでも多く回りたいと思います。  

 

・今年は

2016年のカレンダーを見ますと

5月2日が月曜だったり、

と 昨年より曜日の並びが悪いですね。

 

毎年この時期恒例の、要注意日2016版を。

 

続きを読む 2016年は何処へ?