タグ別アーカイブ: ラウンジ

『オトコの夜遊びガイド』ホーチミン編を改訂しました

「オトコの夜遊びガイド」の再調査で今月、今年3度目のホーチミン遠征。

日系ラウンジ「仔猫」「キャッツアイ」のママを過去記事で紹介しましたが、驚いたことに今月、経営権をチーママに売却し、夜のビジネスから手を引いてしまいました。

理由は訊ねませんでしたが、一抹の寂しさが。

 

◎ブンタウに移転した例の置屋は

ブンタウ遠景

≪追記2018/02/10≫

ブンタウでも公安に摘発されてしまいました。現在、閉鎖状態です。

 

続きを読む 『オトコの夜遊びガイド』ホーチミン編を改訂しました

【ホーチミン】日本人街にSPAが続々登場

先日の再調査で訪れた、ホーチミン1区日本人街の通称「ヘム」。

ホーチミンの日本人街
ホーチミンの日本人街ヘム

◎ヘムの近況

元々ホーチミンは商売の「見切り」が早くて、OPENした店が半年前後でクローズ、なんてことも珍しくない印象があります。

ホーチミンの和食店

讃岐食堂なる「うどん屋」が登場した一方で、そばにあった「うどん屋」はクローズ。

和食屋もBARもラウンジも商売は簡単ではないようです。

此処で私が短期間、お世話になったベトナム語教室もクローズしたようです。

一方、やたらと新しいSPAが目につきます。

ホーチミンの日本人街

 

続きを読む 【ホーチミン】日本人街にSPAが続々登場

【プノンペン】巨乳のママと謎の友人たち

今回の磯仁様体験談はプノンペン

スゴい美人がいた、ということで翌晩は私もご一緒したのですが・・・

 

◎悲報

プノンペンWALK-ABOUT
ありし日のWALK ABOUT

まずWALK ABOUTが閉店しておりました。とても残念です。

食事は隣のホテルと共通のキッチンなだけに、いつでも美味しい食事にありつけて、なおかつ食事しながらお酒も飲めて、且つ娘の品定めまで出来るという、ここだけで全てが叶うという最高の場所だったのですが。

 

◎SEA WORLD BAR

≪追記≫このBARはクローズしました。

⇒続報は【プノンペン】その後の追加情報にて

 

174St.の、日本人が経営しているというBAR「WOODBALL」のほぼ真向いにあります。

訪れたのは平日の夜9時過ぎ。

通りを歩いていると、店内から漏れ出ている青白い照明が妙に気になってしまい、試しに入って見ました。

中は普通のBARで、右側には籐で編んだボックス風の席が並んでいます。左側は何と熱帯魚が泳ぐ水槽でした。奥はグループ席のよう。

ママさん、直ぐにこちらが日本人と判ったのか「にほんじんですか?」と流暢な日本語で話し掛けてきました。

オーナー兼ママで、唯一の従業員だそう。

このお店、この籐のチェアの座り心地が妙に気持ち良くて実に落ち着きます。

プノンペンのSeaworld

ママですが、これがどうにも本当に女?という感じではあるのです。見た目はどうにもオカマっぽく見えちゃいます。

 しかも従業員はいないと言いながら、何故か続々と娘が出勤?して来ますよ。

 

続きを読む 【プノンペン】巨乳のママと謎の友人たち

ヤンゴンの中国系KTVで

今回の磯仁様による体験談はディスコではなく、ヤンゴンのKTV。

ミャンマー寺院

ヤンゴンでの夜遊びといったら、多くの同朋がディスコONLYかと。

日系ラウンジ(カラオケ)ともまた異なる中国系KTVの実態は??

 

◎プロローグ

以前宿泊した際、フロントの親父さんにホテルに入っているKTVについて「娘は連れ出せるの?」 と聞いたところ、「KTVの娘を気に入ったら、夜11時以降なら50USDで一晩連れ出せるぞ」と言われ、次回こそはと思って居りました。

娘はミャンマー人の他に中国人もいるとのこと。

 

続きを読む ヤンゴンの中国系KTVで

【ホーチミン】某ホテルの美女軍団

本日、「オトコの夜遊びガイド」のホーチミン編最新版をリリース致しました。

ホーチミン編イメージ

(注:その後さらに改訂しております)

 

◎新規開拓

その調査の一環で赴いたのは、ホーチミン屈指の高級ホテルにあるBAR。

これまで「アジアの尾根遺産」に書いたこのジャンルといえば、ジャカルタやスラバヤのシャングリラ・ホテルのBARくらいでしょうか。

ホーチミンのカラベル・ホテル

実は初ホーチミンのとき、カラベル・ホテルの屋上BARには、援★目的でスポンサーを待つ尾根遺産がいるらしい、とネットで読み、行ってみたら影も形も無かったんですね。

以後ホーチミンでは、高級ホテルは調査対象外にしておりました。それが・・・

受付から奥へ進んでいたら、いきなり目の前に美女軍団が!!!

 

続きを読む 【ホーチミン】某ホテルの美女軍団

【ホーチミン】テト休みの風俗は?

中国の旧正月とほぼ同時期、ベトナムはテト休み。

 

◎テト休みの間は

当然、夜遊びスポットも休業・・・・・と思っていましたが、本当にダメなの???それを自分の目で確認すべくホーチミンに。

とはいえ、レストラン等も多くが休業するテト。

その間ずっとベトナムに滞在するほど、私も酔狂な暇人ではありません。

今年のテトは2月6日(土)~2月14日(日)。だったら13(土)あたりから遊べるのでは?と推測したわけです。

続きを読む 【ホーチミン】テト休みの風俗は?

ヤンゴン編、大幅にリライトしてリリース

◎インフォメーション

お待たせしておりました、オトコの夜遊びガイド「ヤンゴン編」改訂版、ようやくリリースできました。

 

◎新規収録箇所を一部紹介

今回、日系のラウンジ「カサブランカ」に伺いました。

≪追記≫カサブランカは閉鎖されました。

ヤンゴンのカラオケ

こういったヤンゴンのラウンジ(カラオケ)は、現地企業様が接待などでお使いになるので、娘の教育がされているだけでなく、大学生のバイトとか、とにかく娘がスレていません!!

エンペラーやJ.J.で、日本人と見るやいきなり「オニサン、ゴー、ホテル!」、そんな娘たちとは別次元だと感じます。


にほんブログ村

既に更なる改訂版を2016/10月リリース。

商品イメージ

オトコの夜遊びガイド「ヤンゴン編」はコチラ

 

【ヤンゴン風俗の関連記事】

邦人価格は存在する

チップねだりにウンザリ

ホーチミンのカラオケ考察

旧ブログで3年以上前に、ホーチミンのラウンジ「東京ばなな」を紹介しました。

(昨夏、その後の経緯説明を書いたとおり、今では「東京ばなな」は推奨していません。)

ホーチミンのカラオケ東京ばなな

そもそも私は当初、「オトコの夜遊びガイド」ホーチミン編に、日系カラオケを収録する気は無かったのです。

 

◎未収録だった理由

なぜなら、事前の「予備知識」として、【駐在重視】=【旅行者、出張者は冷遇】、これがホーチミンのラウンジにおける「常識」だと。

もうひとつ、ネガティブな要素としては、「総額35$でOK!」とか言って案内し、指名嬢以外にもリーダーのドリンク代とかチップおねだり攻撃(しかも最低20万VND)とかで結局50$以上のお勘定になる。

これがイヤだったんですね。

アジアナイトウォーカーの誕生は、「アンチ・ブロックMカラオケ」がキッカケですし。

ホーチミンのカラオケ仔猫1

そんな私の先入観を覆してくれたのが、当時「東京ばなな」にいたママだったのです。

続きを読む ホーチミンのカラオケ考察