タグ別アーカイブ: 空港

【朗報】エアアジアが成田⇔ジャカルタ直行便を就航

これはとっても嬉しいニュースでした。

 

今年5月からエアアジア

成田ジャカルタの直行便を

毎日運航させることになりました。

エアアジアのKLIA2

運行スケジュールはこのようになります。

成田11時30分発 ジャカルタ17時20分着

ジャカルタ23時50分発 成田09時10分着(翌日)

 

首都圏からなら、その日の朝に家を出れば

当日夜から存分に遊べますね。

 

また帰国便の時間帯から考えると、

夜21時前には空港に向かうでしょうから

悪徳警官回避にもなるかと。

 


にほんブログ村

【エアライン関連記事】

朗報!アンヘレスに直行便が就航します

地方からバンコクが行きやすくなりますね

【ジャカルタ】空港“低速”鉄道は期待薄!

延期、延期、また延期。。。

 

ジャカルタスカルノ・ハッタ空港

市内中心部を結ぶ、電車の新路線のことです。

 

今年7月の開通予定が9月になり、12月上旬になり、

それでもまだ開通しません。

まぁ、インドネシアらしいと言えばそれまで、ですが。

 

≪追記≫12/26に開通しました

ジャカルタ新聞の当該記事はこちら

 

そもそも、この新路線、あまり期待できない代物。

平均時速がなんと!たったの40km/h足らず。

 

当面はスディルマンまでで、

最終的にマンガライまでつながりますが、

それでも1時間弱かかるんだとか。

 

それでいて料金は7万Rp。

だったらダムリのバスでいいじゃん!

と感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

駅までのアクセスと電車の待ち時間を考えたら、

タクシー利用と所要時間は変わらないでしょう。

渋滞解消の切り札、という触れ込みでしたが

看板倒れの印象は否めないかと。

 

しかも現状、ターミナル2から800mもあるのに

徒歩でしかアクセスできないんだとか。

 

快適かつスピーディーならば、コタ地区からでも

(悪徳警官回避という観点でならば)

利用価値があるかも?と期待したんですけどね。

 

≪追記≫

本数も少ないようで、多い時間帯でも30分に1本、

少ない時間帯は2時間に1本しかないとか。

それでは使いにくいでしょうね。

 


にほんブログ村

【ジャカルタ関連記事】

ロカサリに美味しい和食処が登場

悪徳警官のその後

 

【ホーチミン】新規開業置屋に早速行ってみた

先に速報いたしました、ホーチミンの

空港近くの民家で開業した床屋(置屋)

早速突撃して参りました。

 

◎すでに「民家」ではなく

 

金曜の午後3時過ぎ。

どしゃぶりの雨のなか、1区から空港方面へ。

 

タクシーが停まっており、先客がいた模様。

(私がこの日2人目だと後で言われました)

 

続きを読む 【ホーチミン】新規開業置屋に早速行ってみた

【スラバヤ】空港評価で【天国と地獄】

今週、スラバヤのジュアンダ空港が、

すごく良い意味でも、

ひどく悪い意味でも注目を集めました。

 

・いい意味で『世界一』

 

2016年の『年間の定時運航率』を、

英国のOAGという航空機運航情報会社が

データとともにランキングで発表しました。

 

続きを読む 【スラバヤ】空港評価で【天国と地獄】

【ジャカルタ】壊滅!空港そばの置屋街

実は昨年の夏、読者のお一人P様が

ジャカルタの空港近くにある

置屋街dadapの情報を下さいました。

 

P様のご要望で、情報は非公開、

ブログに書くなら私自身が行ってから、

というお約束だったのですが、、、

私が行くより先に、潰れてしまいました。

 

もう潰れてしまったわけですから、

公開させて頂きますね、P様。

 

続きを読む 【ジャカルタ】壊滅!空港そばの置屋街

【ホーチミン】移転後の床屋は厳戒態勢

移転後は客足が戻らず苦戦中、と聞く

ホーチミンの床屋(置屋)に赴きました。

 

前回の関連記事(再開速報)はコチラ

 

移転先は最早「空港付近」どころか

「空港方面」とも言えない場所ですが、

1区からはアクセスし易くなりました。

 

・偽装

入口の扉は平日昼間でも施錠されていて、

お客が来ると脇にいる係?が開けてくれます。

そして私を招き入れると、すぐ施錠。

 

1階にはフット・マッサージ用のBEDが多数。

偽装のためでしょうが、そこに待機中の

尾根遺産たちが寝そべっていました。

 

続きを読む 【ホーチミン】移転後の床屋は厳戒態勢

【ジャカルタ】空港イミグレは不愉快

ジャカルタのスカルノハッタ空港における

入国審査時の査証トラブルに関しては

旧ブログでもこれまでいくつか

読者様の実体験を紹介いたしました。

 

・私自身の例

 

で、先日、私自身も不快な思いを。

エアアジア便ゆえ、到着はターミナル3。

エアアジアの乗務員
エアアジアの乗務員

私自身の格好は、短パンにサンダル、

リュックサック、とおよそ商用には

見えないであろう代物でした。

 

続きを読む 【ジャカルタ】空港イミグレは不愉快