タグ別アーカイブ: 風俗

【プノンペン】ローカルなカラオケ密集地には道待娘も?

プノンペンの夜遊びといえば、

リバーサイドのビアバー群が有名ですが、

「一般的な」カンボジア男性にとっては

割高感は否めないようです。

 

決して裕福ではないローカルたちは、

外国人のいない場所で楽しんでいます。

 

そのひとつが、今回紹介する

「空港そばのKTVストリート」です。

プノンペン空港そばのKTV

 

◎その場所は

 

続きを読む 【プノンペン】ローカルなカラオケ密集地には道待娘も?

【スラバヤ】あのドリーは今、どうなった?

今回はH様のスラバヤ/ドリーの近況です。

画像もH様から頂戴した今月のものです。

 

◎思い返せば

 

私がドリーを知ったのは十数年前、

Gダイアリー「風俗開放戦線」猫巻師匠の記事。

当時の謳い文句が

東南アジア一の規模の赤線地帯“。

 

道を通れば、そこらじゅうのポン引きから

「マスッ(お兄さん)」と呼び止められ、

賑やかな様相だったらしい。

 

その記事を読んで、いてもたってもいられず、

覚えたてのインドネシア語を磨き、いざドリーへ。

スラバヤのドリー

記事の通り一発80,000ルピア。

「murah meriah(めっちゃ安い)」と

思わず声が出てしまった。

 

続きを読む 【スラバヤ】あのドリーは今、どうなった?

これまでで最も印象深いコメント

オトコの夜遊びガイド「ジャカルタ編」

初版リリースと同時に始めた、このブログ。

 

この7年数ケ月の間に、数えきれないほどの

コメントを頂戴しましたが、そのなかでも

極めて異色で印象深いのは、

駐在妻を自称された方からのもの。

 

2011/6月当時のコメント、私の回答、

加えて今現在、あらためて考えたことを。

 

続きを読む これまでで最も印象深いコメント

【マニラ】影響はアンヘレスよりも、むしろ

今月初めのことですが、

フィリピンの、あの“お騒がせ”な大統領

ドゥテルテ氏が、議会等の反対を押し切り

国立大学の授業料無償化に踏み切りました。

 

◎予想される事態

 

それが夜遊びと関係あるの?

と思われる方もいらっしゃるでしょうね。

 

アンヘレスのブログを書いていらっしゃる

ワリスティンティン様が既にこの件にも

触れていらっしゃいましたが、

GOGOの働き手が減少する可能性が

高いのでは、と。

マニラの夜遊びスポット

 

続きを読む 【マニラ】影響はアンヘレスよりも、むしろ

【マカオ】あのダーリンは今

先月は磯仁様の香港141レポートを

紹介しました。今回は続きでマカオです。

 

◎管理人から先に解説を少々

 

ダーリン(打令浴室)はマカオ風俗の代表格。

「男なら一生に一度は打令に行くべし!」

と香港人男性に言わしめたというお店。

かつて私も友人知人を何度も案内しました。

 

打令浴室は、日本のソープを模した店だと

随分前にどこかで読みました。

下画像のように英語名はサウナになってますが

マカオの他サウナのようなラウンジとか

休眠区、無料の飲食などはありません。

 

以下、画像も磯仁様のご提供です。

マカオのダーリン

続きを読む 【マカオ】あのダーリンは今

【ヤンゴン】移転後のJJは?エンペラーも?

久しぶりにヤンゴンの情報です。

といっても、大した内容ではありません。

 

◎移転後のJJ

 

ヤンゴン空港から西へ。

インセインという場所に移って

KTVとして営業しているようですね。

 

しかし現住民様から伺った話では、

ダウンタウンから遠くて

娘さんたちも行きたがらないのが現状とか。

ヤンゴンのエンペラー

 

◎エンペラーもクローズ?

 

続きを読む 【ヤンゴン】移転後のJJは?エンペラーも?

ジャワ島の都市伝説を探りに

◎ジョグジャ再訪の理由は

 

ご存じの読者様もいらっしゃるでしょう。

実は「オトコの夜遊びガイド」の

ジョグジャカルタ編説明ページに

「今後の改訂予定はありません」と

書いておりました。

 

ではなぜ今回、ジョグジャカルタに行ったのか。

実は別の目的があったからです。

改訂作業は、いわば「ついで」でした。

ジョグジャカルタ編イメージ

 

もう何年も前になりますが、たまたま読んだ

「インドネシア情報局」さんの記事の内容が

とても印象的で、「いつか此処へ行きたい!」と。

 

その想いが捨てられなかったんです。

 

続きを読む ジャワ島の都市伝説を探りに

【マレーシア】クチンって、夜はどうなの?

今回の磯仁様レポートは2017新規開拓編。

舞台はマレーシアのクチン。といっても

ピンとこない読者様も多いことでしょう。

 

ボルネオ観光の拠点Kuching。

夜遊びの方はどんな感じなのか、探訪記です。

テクニシャンとの思わぬ出会いがあったそうで。

 

◎クチンは「猫の街」

 

猫の街と呼ばれる「クチン」は

ボルネオ島のサラワク州の州都で、

シンガポールからは飛行機で僅か

1時間半弱の近さです。

 

街にはその由来になぞらえてか

猫のモニュメントがいくつもあり、

それも観光名所のひとつとなっております。

クチンのモニュメント

また、週末には夕方から、街の中心部を流れる

サラワク川沿いに夜市が開かれており、

観光客や地元の方などで

多少の賑わいを見せておりました。

クチンの街

さて、「クチン 風俗」というワードで調べても

何らその類の情報が見つかりません。

 

続きを読む 【マレーシア】クチンって、夜はどうなの?

【ジャカルタ】悪徳警官のその後

今年の5月、私自身がジャカルタで

悪徳警官に遭遇した、と記事にしました。

 

あの時は夜の10時前後、

場所はコタ・インダーを出てすぐの道でした。

ジャカルタのコタインダー

以来、リスクを回避して

コタ・インダーに行かないようにしている

読者様もいらっしゃるかと存じます。

 

先週、磯仁様が3晩続けて

コタ・インダーに行かれたそうですが

悪徳警官には遭遇しなかったそうです。

 

・水曜日は夜6時半に行き、夜11時半に帰り

・木曜日は夜8時半-10時半

・金曜日は夜7時半-10時半

もちろん検問も無かったとの由。

 

あれがラマダン前の小遣い稼ぎ

(本人か、警察上層部かはともかく)

で済んでいるならいいのですが。

 

ちなみにラマダン期間中に

サリアユやL.Aは店内改装を終えていて、

レイアウトや部屋が綺麗になったそうです。

 


にほんブログ村

【風俗以外のジャカルタ記事】

マンガブサルにもファミマ登場

あのフーターズに行ってみたら

【ジャカルタ】高層ビルのお膝元でもヌキは可能

ジャカルタの南部、ブロックMの南西に位置する

ポンドック・インダー(Pondok Indah)。

ジャカルタのポンドックインダー

高層ビルがそびえ、大きなモールや

ゴルフ場まで揃っているこのエリア、

足を踏み入れるのは今回が初。

 

こんな場所でもヌケるのは、さすがジャカルタ。

 

◎その場所は

 

続きを読む 【ジャカルタ】高層ビルのお膝元でもヌキは可能