【インドネシア】コンビニ・パンが進化している

ジャカルタのコンビニで、気がついた方々も多いのではないでしょうか。ヤマザキのランチパックが棚に並んでいますよね。(味の種類はインドネシア流でスパイシーばかりですが)

bread-indonesia-yamazaki

現地工場を稼働させた日本のヤマザキが、インドネシアのコンビニ大手アルファ・マートと業務提携。「マイロティ」(ロティはインドネシア語でパンの意味)というブランドで、他にも日本的品質のパンを売り出して、好調なのだそう。

マンガブサルのファミリーマートローソンでも、クリームパンとか、ヤマザキ・インドネシアの商品を置いていました。

lawson-bread

◎安宿派には朗報

私がジャカルタに通い始めた頃、マンガブサル界隈で朝食といえばHenisの肉パンが有名でした。

朝食ブフェつきの中・高級ホテル泊ではなく、安宿滞在が多い私にとって「まともな朝食」は課題のひとつでした。

夜遊び調査に出向く途中でBread Talk を見かけたら、わざわざ翌朝用に購入したり。

ジャカルタのbreadtalk

もうひとつのコンビニ大手インドマレットも、当然のように対抗して、高品質なパンのシリーズSAY BREADを売り出しています。(全店舗ではありません)

indonesia-bread

実食しましたが、なかなかのクオリティでした。コンビニ・コーヒーも日系コンビニに対抗して、美味しくなってきていますよね。

8万~10万ルピアとか払って、現地風の朝食つきプランを選択するくらいなら、コンビニで十分かと。

クラシックに宿泊したとき、すぐ西側にあるインドマレットで購入した朝食が上の画像です。

マンガブサル・ラヤであれば、スパークスの西側にあるインドマレットはこのシリーズを置いていました。

 

◎土産にも使えそう

珍しいテイストのランチパックは、簡単な土産としても使えるように思います。賞味期限が普通のパン類より長いでしょ?軽いし。

もうひとつ、現地のNISSINが生産している、インドネシア向けインスタント・ラーメンも、お土産にいいかもしれません。やはりローソンで販売していました。

ramen-indonesia

ムスリムの多いインドネシアですから、豚骨ではなくて鶏。

ramen-indonesia2

こちらも実食しました。濃厚な鶏白湯、といった印象です。豚骨を使わずにこれだけの味を出すとは、さすがNISSIN。

しかも添付の辛味ダレ(多分サンバルのアレンジ)が美味しい!

lawson-mangga-besar

◎間食や夜食に

上の画像はマンガブサルのローソンですが、他のコンビニでもNISSINの焼きそばUFOは結構置いてありました。

さすがに朝食には不向きだと思いますが、軽食や夜食にはアリ、ですよね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【風俗以外のジャカルタ記事】

和食関係と空港の変化

トラベル至近にユニークな和食処が登場

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)