【ジャカルタ】トラベル至近にユニークな和食処が登場

ジャカルタ/ロカサリ界隈の和食処といえば、鉄道マンガブサル駅横のファミリーマート&吉野家(過去記事はこちら)、焼うどんが美味しいロカサリ・スクウェア内のレストラン(過去記事はこちら)を紹介してきました。

ジャカルタの吉野家

今回のジャカルタ遠征で、ナイトウォークしていて発見したのが、さつま揚げや寿司・揚げ物のお店です。

 

◎お店の場所は

トラベルから100mほど南、RED STAR HOTELにオープンしていたのが「SHIGERU」。

ジャカルタのホテルredstar

発見・入店したのは夜11時頃。その時間まで営業しています。

和食処SHIGERU

◎ユニークな品揃え

イートイン用のスペースもあるこのお店、何といっても目につくのは多彩な「さつま揚げ」です。

shigeruのさつま揚げ

shigeruのさつま揚げ説明

画像の説明書きにありますように、さつま揚げにオリジナル・マヨネーズ(つまり普通のキューピー・マヨネーズ)をつけて食べるよう勧めています。

レジ横にはいろいろな調味料が。やはりインドネシアなのでPEDAS(SPICY)の文字が多く見られます。

shigeruのソース各種

チキン・白身魚・エビ・イカなどの揚げ物にはスパイシー・マヨネーズを勧めているそうなので、私もそれに従いました。

ちなみに普通の中濃ソースやウスターソースは置いていませんが、ヤマサ醤油はありました。

shigeruの海鮮系揚げ物

営業終了前だったからでしょうか。揚げ物・さつま揚げともに「1ケづつ無料サービスします」と。

画像はエビカツ、イカカツ、白身魚フライ、さつま揚げ3種類。

さつま揚げは1本8,000Rp、揚げ物は9,000Rpです。オリジナル・マヨネーズは3,500Rpもしますが、スパイシー・マヨネーズは1,000Rp。

shigeruのレシート

◎実食した感想

まずインドネシア流の(揚げ物+マヨネーズ)ですが、悪くなかったですよ。でもやはりソース味で食べたいところではありますが。

プノンペンのイオンで以前TRYした、揚げ物にスイート・チリソースをつけて食べる「カンボジア流」よりはマシかな、という印象。

看板商品のさつま揚げ、なかなか本格的でした。醤油とおろしショウガで食べたいのはヤマヤマですが、無いものねだりしても仕方ありません。マヨネーズ+醤油を試さなかったことをちょっと後悔。

磯仁様のように、ローカルな置屋の尾根遺産たちに「差し入れ」で持っていけば、今ならまだ珍しがられるかもしれませんね。

でもトラベルは自前の調理場があるので、持ち込みは難しいと想像します(経験が無いのでわかりません)。

SHIGERUの外観

◎他のお勧め商品

画像は店先のイートイン・コーナー。店内にもカウンター席があります。

他にはヤキトリやタコ焼き、寿司系、ドンブリ物、サラダなども。

翌日昼にリピートして食べた「鶏テリヤキ丼」、美味しかったです。ただボリューム的にはちょっと物足りませんでしたが。

そしてありがたいのは甘くない緑茶も売っていること。

shigeruの寿司コーナー

インドネシアで普通にコンビニで買える緑茶は甘いですからね。やっぱり和のご飯モノには、甘くない緑茶でしょ?!


にほんブログ村

【風俗以外のジャカルタ関連記事】

ジャカルタ:和食関係と空港の変化

8月後半は大渋滞とホテル不足を懸念

黄金週間は悪徳警官に要注意!

エアアジアが成田⇔ジャカルタ直行便を就航

Pocket