【ジャカルタ】ハサミのような★器とは

今回のリバイバル記事はソウルの達人様。旧ブログで何度もレポートを紹介しました。

タイ=マレーシア国境のスンガイ・コーロクやベトン、ハジャイ(ハートヤイ)の詳細レポもあったのですが、6年経過していることを踏まえ、ジャカルタの体験談をチョイスいたしました。

ジャカルタのビュー

 

◎2011/8月の記事

 

置屋Bに金曜日午後5時過ぎ入店。店内はかなり暗いです。ローカルも多く、席で尾根遺産を侍らして飲んでいます。

ママが目ざとくやって来てジキジキ30万Rp(当時)と提示し、尾根遺産をセールスします。

かなり若そうな娘も多そうですが、いかんせん店内は暗くて確認できません。暗くてわからないと英語で言っても通じません。

ママは待機部屋まで私を引いて行きました。ここなら明るくてよく分かります。

じっくり選んで2階の部屋へ。部屋は清潔で、カップのミネラル水とゴムが置かれていました。

 

◎プレイの内容

尾根遺産とシャワー、洗ってくれます。

英語は通じませんが、いい感じの25歳で生尺のテクはすごい! しかも長い!

危うく尾根遺産のお口にぶっ放すところでした。尺八テクは韓国アガシより上。性格のよさも分かりました。

お返しにクリ舐めをし、中指第2関節まで指入れ。ヘアーは短くカットし小奇麗なマムコでした。

ベッドで抱き合いながらDキス、日本製ゴムを装着して挿入。超きつめでハサミのように締めます。

時間をかけてピストンし、ぶっ放しました。発射した後も暫く抱き合ってキス。

初めてのジャワ島で、チップをあげたいなという尾根遺産に遭遇しました。

一緒にシャワーして服を着て、帰り支度してもチップくれとは言いません。完全に合格です。

何か食べるまねして2万Rpさし出すと「ありがとう」と日本語で笑顔で言われました。

先客の日本人はいたみたいですね(笑)

 

◎管理人から補足

旧ブログも含め、私もこれまで何人か☆器だと思える尾根遺産との対戦を記事にして参りましたが、「ハサミのように締める」とは凄いですよね。

2万Rp程度のチップでも喜んでくれた。2011年頃のジャカルタは、大手有名店でもそんな感じだったんですよね~ (遠い目)

 


にほんブログ村

【ジャカルタ風俗の関連記事】

高層ビルのお膝元でもヌキは可能

「オトコの夜遊びガイド」ご購入者様の利益を鑑み、今回記事のように、ブログでは一部しか詳細情報を公表しておりません。

オトコの夜遊びガイド「ジャカルタ・基礎編」はこちら

オトコの夜遊びガイド「ジャカルタ・応用編」はこちら

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)