【ジャカルタ】ロカサリ周辺の追加グルメ情報

磯仁様から頂戴した情報を基に、私の推奨店を加えた「ジャカルタ・マンガブサルのグルメMAP」に今春、追加しておいた店があります。

今回はそこの紹介を。

◎その店の名は

「KWETIAW SAPI 78」といいます。

KWETIAW(クイッティウ)は米麺。SAPIは牛肉ですね。

KWETIAW-SAPI

炒めた「きしめん」とでも申しましょうか。焼うどんに近いです。

牛肉というより「牛スジ」に近いような肉ですが、とても柔らかく調理されているので、噛む力が弱くなった五十路の私でも問題なし。

牛の他に卵、モヤシ、菜っぱ類も。見た目の印象よりもアッサリした味つけだと思います。しかもボリューミー。これで43,000Rp。

KWETIAW-SAPI-78

◎お店の場所は

オリジナル・グルメMAPの青印です。マンガブサル・ラヤ(大通り)から、トラベルのあるジャラン・マンガブサル8に折れる角のところ。

画像のように、常にジモティたちで混みあう人気店で、1978年創業ゆえの店名らしいです。

周囲の客が注文した品を見ても、ほとんどみな上画像の焼うどん?を食べていました。

KWETIAW-SAPI-78-inside

席数はそこそこありますので、(相席になる可能性はありますが)お

一人様でも気兼ね無用だと思います。

ナシゴレンの屋台

◎ナシゴレンなら、やっぱりこの屋台

グルメMAPの西端にある黄色い■が、私の愛用するナシゴレン屋台(上画像)です。ハヤム・ウルッ沿いに、夜間だけ登場します。

ナシゴレン・スペシャル

私がいつも注文するのが画像のナシゴレン・スペシャル、20,000Rp。

ここのナシゴレンは、病みつきになる辛めの味つけが最高!

スペシャルはレバー入りなので、苦手な方は「アヤム(鶏肉)」とか(確か18,000Rp)でどうぞ。ボリュームも充分。またテイクアウトも可能です。

ナシゴレンなんて、インドネシアの何処ででも食べらますけれど、これまであまたのレストランやワルンで、数えきれないほどナシゴレンを食べてきた私が「此処がイチバン」と太鼓判を押す味、ぜひ一度ご賞味あれ。

昼間、ほぼ同じ場所で営業している屋台は別物です。ご注意を。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【風俗以外のジャカルタ】カテゴリー記事

ロカサリに美味しい和食処が登場

和食関係と空港の変化

トラベル至近にユニークな和食処が登場

続:ロカサリ界隈のグルメ情報

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)