【ジャカルタ】8月後半は大渋滞とホテル不足を懸念

◎エアアジアがセール中!

黄金週間も終わり、「さて、夏休みはどこに行こうかな」と思いを巡らせていらっしゃる方も多いかと。

昨日からエアアジアがBIGセールを開催中です。

エアアジア機模型

対象搭乗期間は11月1日から来年8月13日まで。今年の年末年始や来年の黄金週間、早めの夏休みまで、今ならお安くGETできるチャンスです。

なんといっても過去記事のとおり、エアアジアはジャカルタに直行便を飛ばし始めましたからね。バリ島にも直行できますし(過去記事)。

セールは5/27までですが、早い者勝ちです。

ただし一点、要注意は断食期間(ラマダン)。今年はすでに先週から始まっていますが、2019年はなんと5月5日(SUN)からなんですね。

黄金週間は5月6日(月)まで。ラマダンを経験できるチャンス、といえばポジティブですが、風俗店は断食開始日はみな休業ですからね。

 

◎今夏のジャカルタは

東南アジア旅行計画の要注意日について毎年記事を書いていますが、2018年版の記事で「アジア大会観戦と合わせてジャカルタ行きも可能」と書きました。

 

大会期間中に、まず覚悟しなければならないのはいつも以上の大渋滞!!

ホテル不足とか宿泊代の高騰もあるかも?夜遊び遠征やご出張に影響するのは確実です。

アジア大会ジャカルタ

 

◎各所で大渋滞になるかも

ただでさえ世界有数の渋滞都市ジャカルタ。

それがアジア大会の期間中(8/18-9/2)は、競技会場の周辺は「平時の3倍」になるとも。

ジャカルタ新聞の関連記事です。

 

選手送迎の専用レーンが設けられるため、中心部の高速道路は渋滞必至でしょう。

トランス・ジャカルタの専用走行レーンも選手送迎に使うようですから、運行はどうなることやら。

トランス・ジャカルタ

スカルノハッタ空港から市内への移動時間、ジャカルタの南北や東西間の移動は所用時間が読めないかと。

メイン会場はスナヤンのブンカルノ競技場ですから、ブロックM=コタ間の移動は迂回必須。ちなみに選手村はクマヨランです。

現在、渋滞を悪化させているMRTの建設工事も「7月中に地上部分の工事が終わる見込み」と発表されていますが、怪しいものです。

過去記事のとおり、空港鉄道の開通だって延期に次ぐ延期だったでしょう?

 

◎ホテルは足りるのか?エアは?

選手だけでも15,000人が参加予定の大会。選手は主に選手村に滞在するとはいえ、国内外から観客が大勢詰めかけるでしょう。

LCCは早めに満席になるかもしれません。

格安宿も満杯、なんて事態になる恐れも。

 

◎風俗取り締まりもあるかも?

旧ブログで随分前に記事にしましたが、シンガポールでユース五輪が開催された際、ゲイランの取り締まりが激しくなりました。

シンガポールのゲイラン地区

警察は「それどころではない」かもしれませんが、首長がメンツのために命令を下せば「ショータイムでも脱がない」みたいな事態も起こるかもしれませんね。


にほんブログ村

【風俗以外のジャカルタ関連記事】

和食関係と空港の変化

トラベル至近にユニークな和食処が登場

エアアジアが成田⇔ジャカルタ直行便を就航

ジャカルタの空港“低速”鉄道は期待薄!

Pocket

【ジャカルタ】8月後半は大渋滞とホテル不足を懸念」への2件のフィードバック

  1. このセールとは違いますが、成田⇔バンコクの8月末エアアジアが、25,000円ほどで買えました。成田午前発のお昼前出発ですからちょうどいい時間帯です。機内サービスに期待する人間ではありませんから、昨今海外も、LCCか中国東方航空のような準LCCばかりになってしまいました。

    実はゴールデンウィーク中マカオに行ったのですが、やはり清く正しい旅になり、ポルトガル料理とマカオ料理を食べるばかりでした。ただリスボアほかのセクシー系コスチュームをつけた女性には大変楽しませていただきましたが。

    1. ヒックマン様

      なんと、またもあのマカオで清く正しい旅とは・・・意思がお強いのですね(笑

      マカオ料理なら香港でも食べられますが、やはりマカオの毒々しさを知る者としては
      あの雰囲気にまた、身を浸してみたいと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)