【ドイツ】FKKには南米娘と東欧娘が

今回はYouTubeにあった、ドイツFKK関連の動画を2本、紹介いたします。

◎1本目

フランクフルト第2の風俗エリアBreite GASSE。

Breite GASSEとはstreetのことで、BG1、BG7-9、BG27がある、と。

なんかシンガポールのゲイランみたいですよね。

2ケ所のFKK内部を歩き回る動画で、館内の雰囲気はよく伝わってきます。

扉が開いていて、室内の尾根遺産たちを廊下から物色できるのは、香港141よりも遊びやすい印象です。

過去記事のとおり、香港141はいちいちノックして扉を開けてもらわなければなりませんからね。

尾根遺産によって言い値には差があるようですが、25~30ユーロということは、今の為替で邦貨3千円台ですね。ドイツということで、もう少しお高いと想像された方々もいらっしゃるのでは?

尾根遺産の主力は南米組で、ブラジルとコロンビア。他には東欧系でルーマニアやハンガリーなど。

 

◎2本目

上の動画は廊下を歩くだけなので、尾根遺産たちの顔とかがイマイチ伝わってきませんね。

なので実際に遊んだ動画も探しました。

お相手は22歳のルーマニア女性。ブカレスト出身。

なかなか陽気な尾根遺産で、東欧=クール・ビューティーというイメージとはちょっと違います。

英語字幕がついているので、会話の内容もわかりやすいです。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【世界のセクシー・トピックス】

アジアのトレンドとは逆!売春が合法な国々

ソウル世界遺産エリアの道待熟女

ブラジルの道待娘は衣装が過激

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)