【バリ島】サヌール置屋のスレた尾根遺産

今回はバリ島サヌールの「末尾にX」がつかない置屋でのお話。

前回(確か6年前)此処を覗いたときは案内役のバイクに2ケツで、路地をクネクネと進んだので場所がよくわからず、おぼろげな記憶を頼りに翌年、自力で探索に向かったものの、思い違いをしていて辿り着けずに終わりました。

H様からの情報で今回、再訪が叶った次第。

bali-2952052_640

◎現在の品揃えは

時刻は20時少し前。

まだ尾根遺産たちが「マンディ(水浴び)」していて揃わない置屋もあるこの時間帯でも、この置屋はすでに15名がスタンバイしていて、室内と室外とに分かれて座っていました。

サヌールの置屋といえば、個人的に思い出すのは「マドゥラ尾根遺産探索」。

今回も一応ダメモトで「オラン・マドゥラはいる?」と尋ねてみましたが、やはり在庫無しでした。

改めて品揃えをチェックした限り、飛び抜けて若い尾根遺産がひとり。なかなか可愛かったのですが、私の存在を無視するかのように下を向いたままだったのでパス。

他の尾根遺産は?と見渡すと、なかでも1,2の美形がニッコリ微笑んでくれたので、即決します。選ばれなかった尾根遺産たちが、拍手や口笛でチャカします。こういう明るい雰囲気の置屋は個人的に好きですね。

H様の情報で、ここはローカルが25万Rp、邦人は30万と伺っていたので「30万だよね?」と訊いたらあっさり「そうだよ」と。スレたバロカに比べれば遥かに良心的でした。

 

◎行き先はバンガロー

さて、プレイルームは?と思ったら、尾根遺産、外に出てバイクに跨ります。行先は、そう、常駐尾根遺産のいない「バンガロー」です。

バンガローの室料は30万に含まれている、とのこと。だとすると置屋の尾根遺産価格は25万でしょうか。

バリ島サヌールの部屋

ジャワ・ティムール出身、25歳のMちゃん。スレンダーなタイプで、英会話もちょっと出来ました。番号置屋でのキャリアは3年ほどで、その前はジャカルタで別の仕事をしていたそう。

私のプレイの好みにちゃんと合わせてくれて、満足の登頂・・・と思ったら、まだMyロッドがヒクヒクしている最中に「ミスター、チップ!」と。

なにもこのタイミングで切り出さなくても・・・いきなり興ざめです。

互いに水浴びを終え、身支度を済ませたところで再度の催促。

まぁ、気立てのいい尾根遺産でプレイは満足だったので、5万Rp札を差し出したところ、「もう1枚!ワン・ハンドレッド(計100,000Rp)、プリーズ!」と甘えてきました。

サヌールの置屋で、チップを要求された経験が過去に無いわけではありませんが、ケースとしては少数派。

「俺はサヌールで何度も遊んだけど、チップ10万なんて言われたことは一度も無いぞ!」と断固拒否!!

それ以降、流れる気まずい時間。とても後味の悪い夜になってしまいました。

やっぱり置屋勤務キャリア3年ともなると、かつて邦人客から吸った甘い汁が忘れられないんでしょうか。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【バリ島風俗の関連ページ】

新規開拓に成功した☆番SPAで

噴火は落ち着き、警戒レベル引き下げ

「オトコの夜遊びガイド」バリ島編

Pocket

【バリ島】サヌール置屋のスレた尾根遺産」への2件のフィードバック

  1. 管理人さん的には正当な判断でも、私ならRp50000 ジュアンダ札一枚をスカルノハッタ一枚のRp100,000を出しチップのトータルって先手を打ちますね。
    一度甘やかせると二の矢三の矢と小出しにおねだり癖がある民族?なので、在日中国人◯生の子息なるリタイアし次長さん 関西で街歩きサークル仲間 が言ってました。
    おねだりの倍額払うがトータル分!はかなり効きますね。
    駐在時に面倒な事を頼む際に良く使いました。
    相手も倍額貰えてマンモスラッキー気分で以後のおねだりが無くなったので安くつきました。

    1. 寅 様、お久しぶりです!

      >おねだりの倍額払うがトータル分!

      そうですか、これは考えもしませんでしたが、寅様の経験則でかなり有効なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)