【バンコク】今まで避けてきたものに挑戦(その1)

今回はお馴染みH様から頂戴したバンコクの体験談です。

タイのバンコク

≪2018年「今まで避けてきたものに挑戦その1」バンコクの旧ジュライ・ホテル付近の立ちんぼ体験≫

日本では猛暑の続く中、バンコク・ドンムアンに降り立った。驚くことに、日本より南にあり赤道に近いはずなのに涼しい!

思えばバンコクには20年以上通い続けている。

ゴーゴーバーの連れ出しで4,000B、マッサージ・パーラーやプロンポン辺りの本番マッサージで2,000Bと贅沢三昧。このままではお金が続かない。

そこで思いついたのが、「今まで避けてきたものに挑戦」。ということでその第一弾、旧ジュライ・ホテル付近の立ちんぼに挑戦。

宿泊は、とても便利なアソークにあるホテルにチェックイン。夕方6時、地下鉄でホアランポーン駅を目指す。

ホアランポーン駅を出て、閉鎖されているジュライ・ホテルを目指す。すると路地にポツポツと立ちんぼが。

冷やかしで、50くらいのおばさんに「タオライ」と声をかけてみると「ハーロイバー(500B)」。「安い」。

しかしここで話に乗ってしまえば本当の値段が分からない。帰るふりをすると「300B」に値下がり。これ以上下げると気の毒なので交渉成立。

その立ちんぼについていき階段を昇って行くと、その壁には大きな毛沢東の不気味な肖像画。

china-1616747_640

受付で部屋代100Bを払い、部屋に入った。薄汚いベッドと部屋の隅には、壊れかけのトイレにシャワーが付いた小さな部屋。

まずは、シャワーで入念に洗ってくれる。当然お湯ではなく冷水のシャワー。

シャワーも終わりいざベッドイン。

熟女の良さは、経験からいうと感度の良さと何でも受け入れてくれることだが、キスしようとするとNG、クンニしようとするとNG。

まあ300Bだから仕方ない。ここは潔く退散。

 

◎こんな場所でも?

ホテルを出て、今度はきっちり交渉することに。

しばらく歩いていると、今度は、ここの立ちんぼではありえないくらいの若さとスタイルの子がいた。

半分あきらめかけて「ジュープダイマイ(キスしてもOK)?」と聞くと、こくりとうなずく。

年齢を聞くと、18才。奇跡だ!

聞くところによると、子供を産んだばかり。値段も向こうの言い値の500B。

ホテルに100B払って、いざ服を脱がせてみる。

赤ちゃんを産んだばかりで結構巨乳。おっぱいを吸ってみると確かに母乳が出てきた(私はどちらかというと母乳は苦手)。

顔は少し地味だが、おなかもくびれがあり、クンニしながらおっぱいをもむと結構感じてくれる。

シアオ」とか「スッ(ト)ヨート」とかいうタイ語が自然に出てくる。

 

◎やはり一期一会か

ことを終えてホテルをあとにする。

「なんで今まで避けてきたのだろう」と思ってしまった。

次の日はもっといい部屋でしようと思い、便利なアソークを出てホアランポーン駅近くのホテルに陣取る。

準備万端で夕方、また彼女を探す。しかし、何度探してもいない。残念な結果に。

仕方なく、別の場所で遊ぶことに。いい思いは続かないものである。

 

◎管理人の感想

H様はインドネシアの達人、と思い込んでおりました。失礼いたしました!!

バンコクに通われて20年、タイ語もインドネシア語同様にスラスラと出てくるとは・・・・

500Bで18歳とは、ヒキがお強いこと!

でも私も母乳は正直、苦手です(苦笑

H様のレポートはまだありますので、続きをお楽しみに。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【タイ・バンコク関連記事】

VietJetも、ノックスクートも!九州からも?

エアアジアがセントレア⇔バンコク線をスタート

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)