【ブロックMの誘惑】バスケ日本代表、夜遊びで強制帰国に

ご存じのとおり、現在ジャカルタとパレンバンにてアジア大会が開催されています。

そのジャカルタ、若い男子選手にはやっぱり、誘惑が多い街なのでしょう。

バスケットボール男子日本代表のメンバー4名が、ブロックMのカラオケ店に、しかも試合のあった当日の夜にJAPANの公式ウェアを着たまま入店していたそう。

ジャカルタのアジア大会

そして日付の変わった午前1時頃、カラオケの店先で「店側と交渉している」ところを、新聞記者に目撃されて発覚した次第。

その後、騒ぎが大きくなり、ホテルに連れ込んで楽しんだあと、選手村に戻っていたことまで明らかに。

当該4選手は実名報道までされて、既に帰国の途に。

*新聞記事へのリンクは無効となり削除いたしました。

 

◎そんなに悪いことなの?

記事では「大会への派遣は国費で賄われる。(中略)競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」というJOC代表選手団の行動規範を引用しています。

杓子定規に考えれば、規範に抵触すると判断されて当然な面はあるでしょう。マスコミに批判されたら尚更です。厳しい処分が下されるのも仕方ないかな、とも思います。

でも、過去に開催された国際的なスポーツ大会の数々で、同様の事例が無かったなんてことは無いでしょうに。

W杯ロシア大会で、ポーランドの選手たちが夜遊び三昧だった、という記事をご記憶でしょうか?五輪の選手村には、大量のコンドームが用意されていることも有名でしょう?

スポーツ・イベントは選手のプライベート・タイムをもモラル的に拘束するという価値観は、世界の共通認識ではないと感じますが如何でしょう?

 

◎自分のことは棚上げ?

それからもう一点、気になることが。

朝日新聞の記者さんも午前1時にブロックMにいたわけですよね?

それは何の取材でしょうか?

国費で派遣される選手と、社の費用で出張することの差はあるとは思いますが、メディアのモラルとして誉められた話ではないように感じますけどね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【風俗以外のジャカルタ】カテゴリーの記事

エアアジアのジャカルタ⇔成田便が休止

インドネシアのコンビニ・パンが進化している

クラシックに宿泊してみたら

Pocket

【ブロックMの誘惑】バスケ日本代表、夜遊びで強制帰国に」への8件のフィードバック

  1. うーん、選手には同情しますが、これはアウトだと私も思います。気持ちが高ぶっていたとしても、せめて着替えていくべきだったと思います。私も駐在員時代はどこで誰が見ているかわからないし、面倒くさくても一旦家に帰って着替えてました。私服なら「プライベート」と。社名バッチリの服で盛り場とかアウトな企業ですので。ちなみにバンコクのソイカでは、大手電機メーカーさんの作業着を着た人をよく見ましたね。ちなみに制服で行っていいのは米海軍だけでしょう(笑)。ヤフコメ欄にも有りましたが、日の丸ジャージでお餅は駄目だと思います、こんなご時世ですから。ちなみに、アの新聞は狙っていたんだと思いますよ、獲物がかかるのを…

    1. モンキー様、いつもありがとうございます。

      ご駐在の方々は、私のような個人旅行者と違って、様々な配慮が必要なのですよね。

      それから新聞記者ですが、来るか来ないかもわからない獲物を待つほど暇なんですかねえ?
      自分が「立場を鑑みて」テイクアウトを我慢して退店したのに、その直後に目撃して、、、とか?

  2. 選手も選手ですが、ほんとに余計なことをしてくれましたね、朝日新聞。お前は何をしてたんだと聞きたい。記者のコイツを毎日尾行してほしいですわ。
    ただ、払った金額がリアルで笑いましたけどw

    1. LCCユーザー様、いつもコメントありがとうございます。

      朝日新聞は、日本全体の「公益」を顧みないメディアですからね。

  3. 私の知り合いに、日本ではマイナースポーツですが、アイスホッケーの日本代表だった人物がいて、彼は、ウクライナに超絶美女がいて、代表みんなでその美女を奪い合っていたなんて話を私にしてくれました。野球選手ほかが、遠征先やキャンプ地でさんざん遊んでいるのも有名だし(台湾に遠征した侍ジャパンのメンバーが顰蹙を買ったりしました)、甲子園球児が、宿舎に押し掛ける女の子や、大阪あたりの楽しいことをできるあたり(飛田新地)とかで遊んでいるのも常識でしょう。オリンピック、ワールドカップの選手たちはは言うに及ばず。

    ただたぶん彼らは、あんまり遊びなれていなかったのかもですね。さすがに公式ウェアでは危険だくらいのことは、慣れている人間なら気づくでしょう。

    朝日の記者はねえ・・・。まあこの人には、「武士の情け」「記者の情け」なんて言葉はないんでしょうね(苦笑)。

    1. ヒックマン様

      他競技の実態がそのようなものであることは、関係者にとっては周知の事実でしょうね。
      おそらくですがご推察のとおり、遊び慣れていなかった(リスク管理に考えが及ばなかった)のかと。

      朝日が記事にしなければ、特にお咎めもなかったのでしょうけれど、
      世論に火がついてしまったら、山下氏をはじめ責任ある立場の人々は
      ああいう処分を下さざるを得ないでしょうね、日本では。

  4. バスケの協会やらJOC?やらが、買春は罪だが日本では罰則規定 罰金刑やら懲役、執行猶予付き が無いのに対し、インドネシアではどうなのでしょうか?。
    というのもインドネシア法で懲役やら罰金刑になるのか?。です。
    酷いイメージで言えばアチェ州で唯一適用されるシャリア?って言うのですか?公開むち打ち刑で、むち打ち中に死亡したらどうするのですかね。

    1. 寅 様、お久しぶりです!

      日本とインドネシアは犯罪人引渡し条約を締結していないので
      (米国と韓国以外は日本と締結していないようですね)
      早々に帰国させてしまったのは、現地で万一にも逮捕されないためだったかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)