【プノンペン】リバーサイドのビアバーで

今回の磯仁様レポートはカンボジア。

プノンペンのビアバー密集地です。

 

◎後ろ髪を引かれて?

夜10時過ぎ、136STをふらふらと歩いていたら、二人組の娘が向こうから歩いてきます。

うち一人の小柄な娘と目が合った途端、その娘がにっこりと微笑んでくれます。

うーん可愛い!その昔「探偵物語」に出ていた頃の「竹★かほり」ソックリです!しかも色が白いし。

プノンペンのBAR群

二人共黒の衣装だったのでお店はどこ?と聞くと、彼女が指差すのは四つ角にあるバタフライBAR。

大きい娘がせかすように彼女を促すので、そのまま手を振ってバイバイです。

そのまま少し歩きましたが「やっぱり彼女しかいない!」とすぐにUターン。二人を探すと彼女は店前の屋台で買い物中。さっそく彼女の手を掴んでお店の中へ。

 

◎邦人客の姿も

このBAR、入口はテラス風になっていて、お客待ちの娘らがずらっと通りを見て並んでいる中を通ってお店の中へ入ります。

プノンペンのビアバー

このお店、ちなみにフリーで中に入ると、お客の付いていない娘らが一斉にぞろぞろとお客の前に並んで顔見せをしてくれます。

私は彼女を即指名で店内に入店したのですが、それでもこちらに向かってアピールしてくる娘や、わざと体をぶつけて気を引こうとしてくる娘などなかなか積極的です。

ふとカウンターの中の娘を見てビックリ!

その昔69BARに通っていた頃、オキニ娘にオマケでついてきた太目の娘じゃないですか。どうやら今はカウンター業務でこちらにいるよう。しかし長いこと。

まずは飲み物を頼んで彼女と乾杯。

バタフライ、69、キャンディは同一オーナーだそうで、これは以前と同じですね。(一軒減ったのかな?)

ちなみに私が飲んでいる間にも結構、日本人の方がお店に入って来ていました。

ここには40名程娘がいるそうです。選択肢も多いですね。まあまあ選べるレベルの娘もちらほら居ります。

好きな曲が掛ると娘らはカウンターに上がってダンス!ノリノリです。

飲むだけなら至って明朗会計で安心です。

 

◎もう1軒のBARでも

プノンペン136St

69BARには実に数年振りの入店です。もちろん当時の見知った娘は誰も居らず。

もう深夜の1時過ぎ、通りを歩いていると入口前の席に座って居た娘らから「HELLO!」の声が掛ります。

ふと顔を向けた中になかなか好みの顔立ちの娘がいたので、すぐにその娘の手を取って中へ。

お店の作りは一緒でしたが雰囲気は一変。今時の流行りなのでしょうか、YOUTUBEで曲を選んで大型モニターで流すのは・・・・。

暗い店内で彼女の白いボディコン姿が光ります。聞けば25才だそうで、結構なお年でした。

乾杯を繰り返しているうちに好みの曲が掛るや、カウンターに上がって踊るのはもはや恒例。

とめどもないので精算を済ませて、なおも踊っている彼女に手を振ってバイバイです。

こちらのお店も健在のようで何よりではあります。

※その後も前を通る度に呼び止められました。良くお客の顔を覚えているものです。

 


にほんブログ村

【プノンペン夜遊び関連ページ】

プノンペン:ボーイズBAR情報

プノンペン:BARのトイレで?!

オトコの夜遊びガイド「プノンペン編」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)