【プノンペン】和食不毛地帯に新店登場

和食処自体は、イオン内をはじめとして市内南部に多数あるプノンペンですが、夜遊びエリアに関しては吉野家の撤退後、和食不毛地帯でした。

そこに新店が続々と登場しています。

◎博多家

(MAPの緑色のレストラン印)

リバーサイドのBAR群の只中に登場したのが博多家です。

PhnomPenh-japanese-restaurant1

私が行ったのは生憎、定休の日曜日で残念ながら実際に食べることは出来ず。

貼り紙をみると、明太子などは日本から直送しているようです。

136St. のBAR密集地から西へ2ブロックです。

 

 

◎ペッパーランチ

(MAPの桃色のレストラン印)

東南アジア各地に進出しているチェーンで、プノンペンでもイオンには進出済でした。

PhnomPenh-japanese-restaurant2

今度の店舗はセントラル・マーケットのすぐ南、ソリア・モールの改装された地上階です。

PhnomPenh-japanese-restaurant3

同店の隣にはスターバックスも。

PhnomPenh-japanese-restaurant4

 

◎SUSHI TEI

(MAPの紫色のレストラン印)

インドネシアでは各地に展開しているSUSHI TEI。プノンペンでも、西部に進出済でしたが、夜遊び族には行きづらい場所でした。

今度の店はワットプノンの南西で、EXCHANGE SQUERE というビル内です。1Fにスターバックスが。SUSHI TEI は2Fです。

 

◎格安で旨い炒飯

(MAPの青色のレストラン印)

最後に、お勧めのローカル食堂を。

130St. の、リバーサイドから2ブロック目。両替・送金屋のWINGの隣です。

PhnomPenh-rocal-restaurant

朝から地元民で混雑しています。メニューは他にもありますが、お勧めは炒飯。鶏、豚、牛から選べて@2$。

格安なだけでなく、味もボリュームもGOODです。

リバーサイドのBAR群に出撃前の腹ごしらえとか、テイクアウト可なので簡単な手土産にもなるかと。

 


にほんブログ村

【プノンペンの関連ページ】

ローカルなカラオケ密集地には道待娘も?

かつての魔都の遺跡巡り

リバーサイドのビアバーで

オトコの夜遊びガイド「プノンペン編」

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)