【ホーチミン】某ホテルの美女軍団

本日、「オトコの夜遊びガイド」のホーチミン編最新版をリリース致しました。

ホーチミン編イメージ

(注:その後さらに改訂しております)

 

◎新規開拓

その調査の一環で赴いたのは、ホーチミン屈指の高級ホテルにあるBAR。

これまで「アジアの尾根遺産」に書いたこのジャンルといえば、ジャカルタやスラバヤのシャングリラ・ホテルのBARくらいでしょうか。

ホーチミンのカラベル・ホテル

実は初ホーチミンのとき、カラベル・ホテルの屋上BARには、援★目的でスポンサーを待つ尾根遺産がいるらしい、とネットで読み、行ってみたら影も形も無かったんですね。

以後ホーチミンでは、高級ホテルは調査対象外にしておりました。それが・・・

受付から奥へ進んでいたら、いきなり目の前に美女軍団が!!!

 

◎そこに待っていたのは

私が入り込んでしまったのは、尾根遺産たちの「待機スペース」でした。セクシー衣装のベトナム美女が十数名。

お恥ずかしながら、いきなりで面喰ってしまい、ろくな会話も出来ませんでしたが、「なんでキレイな女性がここに集まっているの?」と訊いたら「アナタを待っていたのよ」と流暢な英語で、ウィットの効いた返答が。

改めてメイン・スペースに行くと、広いゴージャスな店内にお客は白人2名だけ。それぞれベトナム美女をはべらせていました。

その日はテト休暇の最終日(2/14)でしたから、旅行者も出張者も少なかったから、かもしれません。

「初めて来たんだけど?」とスタッフに言うと「説明いたしますので、まずはお座りください」とカウンターに。で、先に飲み物の注文です。

しばし後に、訛り英語のママさん?が登場。女性を指名して横にはべらせるなら、指名料等で最初に45$だそう。

場の雰囲気に呑まれてしまっていたので、「じゃあ、いらない。飲むだけ」と速攻で断ってしまったのですが、考えてみれば日系ラウンジ(カラオケ)で飲んでも50$前後はするわけです。

ホーチミンのカラオケ仔猫19

5星ホテルの高級感と、英語で意思疎通が十分とれるメリットを考えたら、美女なら45$でもまぁ、バカ高くはないですね。

でも結局、お客は5星の宿泊者なわけで、2星の格安ホテルに滞在する私には文字どおりの高嶺の花です。

 

◎感想

逡巡している間に、先客たちがカラオケを始めました。

尾根遺産、シンガーとしてのレベルも上々。

日系ラウンジで、挨拶程度の日本語しかできない、歌唱も耳障りな(失礼!)嬢を相手にするくらいなら、この贅沢な時間と空間はそれはそれで価値もあるかな、という印象。

実は私、次回のホーチミン遠征時には軍資金を用意してリピートするつもりです。


にほんブログ村

【ホーチミンのカラオケ関連記事】

ホーチミンのカラオケ考察

テト休みの風俗は?

当記事の場所はブログ非公開です。

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」はコチラ

Pocket

【ホーチミン】某ホテルの美女軍団」への2件のフィードバック

  1. ひえー。3月18日から、カリジョド目当てでジャカルタ入りだったのに・・・。移転先情報あれば、UPお願いします。

    1. pkdick 様

      住居としての「移転先」は一応ありますが、置屋街そのものは消滅で、
      カリジョドで収入を得ていた人々は各自バラバラだと思います。

      道待娘になる、地元に帰る、SNS売春に切り替える、他の島に行く・・・など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)