【ホーチミン】移転後の床屋は厳戒態勢

移転後は客足が戻らず苦戦中、と聞くホーチミンの床屋(置屋)に赴きました。

前回の関連記事(再開速報)はコチラ

移転先は最早「空港付近」どころか「空港方面」とも言えない場所ですが、1区からはアクセスし易くなりました。

ホーチミンの日本人街
ホーチミンの日本人街ヘム

◎偽装

入口の扉は平日昼間でも施錠されていて、お客が来ると脇にいる係?が開けてくれます。そして私を招き入れると、すぐ施錠。

1階にはフット・マッサージ用のBEDが多数。

偽装のためでしょうが、そこに待機中の尾根遺産たちが寝そべっていました。

 

顔見世は8名。以前指名した懐かしい顔も。半数以上がOKライン。だから此処はホーチミンでイチオシなのです。

指名嬢の案内で2階へ。そこには施術台が6基。

シャンプー等も多数置かれています。

偽装にも手が込んできたな、と思っていたら、そこから3階へ上がる階段には、白い柵?「関係者以外立入禁止」みたいな文字が。

その柵を開いて、さらに上がっていくと、監視カメラのモニターが。

店先や1Fの様子が映っていました。

セキュリティに相当、投資していますね。

これで客足が戻らなかったら・・・と心配です。

ホーチミンの床屋
床屋の室内

部屋はとても広く、バスタブつき。

タトゥが玉に瑕、な指名嬢のLちゃん、一緒に脱いで洗ってくれます。

 

◎サービス

プレイ開始は以前同様、乳首舐めから。

でも私、実は乳首舐めではあまり気持ちよくならないのです。

ジェスチャーで「攻守交替」の意思表示をし、推定Cカップの美乳を弄びます。

すると、どうでしょう?!Lちゃんの背中が徐々に反り始め、オッパイを私の唇にグイッ、グイッと押しつけてきます。

そうか、そうか。もっと舐め回してほしいんだね。

これは攻め甲斐のありそうな尾根遺産です。

ホーチミンの床屋2

唇と舌とで乳首をこねくりながら、左手は背中、右手は太腿へと3点攻め。

次にLちゃんの片足を持ち上げ、側位のような形に。

そしてMyロッドを秘所にあてがって、前後に擦りあげます。

これ、私の好きなポジションです。

するとLちゃんの方も、腰をクイクイッと・・・

「感じているな?」と表情を窺うと、心なしか瞳を潤ませたようなLちゃんがおもむろにキスしてきました!(嬉)

そのまま私の唇を放さず、むさぼるように吸いついてくるLちゃん。

ならば、と調子に乗って指入れを試みます。

ハァウゥ~~!! と大きく背筋を反らせ、腰は私の指を飲み込むように動きます。

栗とのダブル攻め、★口へのサイド攻撃、さらに★スポをスリスリ・・・

するとLちゃんの内部が、大きく深呼吸するかのように拡がりました。

たまにいますよね、そういう尾根遺産。

Lちゃん、大きな吐息のあと、私の耳元で「キモチ、イイ!」と日本語で囁きました。

正上位での挿入後も、ひたすらキスを求めてくるLちゃん。

歓喜の白汁を吐き出しているMyロッドをしっかりアソコで咥えたまま、腰を上下にくねらし続けるLちゃん。。。

2016年ベストエッチの有力候補、誕生です!


にほんブログ村

【ホーチミンの床屋(置屋)関連記事】

2016年11月の床屋レポート

新人床屋嬢の一番客が私?!

ご購入者様の利益とベトナム当局によるネット検閲を考慮し、情報のコア部分は非公開です。

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」はコチラ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)