【マニラ】エドコンにも時代の波?

今回は「オトコの夜遊びガイド」のご購入者Y2様からいただいたマニラの体験談です。

マニラ風俗の登竜門EDSAコンプレックス(エドコン)にも変化が訪れたようです。

マニラのビル群と夕陽

◎エドコンの変化

エドコンに行ってきました。

他のサイトでも見かけましたが、スペースガールがKTVの形式になっているとのことで、この流れは続く、みたいな表記がありましたが、コットンクラブの場所もKTV形式になっていました。(2019.2.13 新装開店でした。)

新・コットンクラブとすべてのGOGOバーに行きましたが、どの店にも2、3人は目を引く子がいました。7:00には行っていたのでその時間帯の話です。

バーファイン、ロングでしました。LD他、総額でP8,000でした。毎晩エドコンに行ったので、他にあまり情報はないです。

 

◎マニラのカジノは

オカダ、ソレア、ドリームでは、ソレアが良かったように感じました。

しかし、エドコン近くのMidas Hotel and Casinoが非常にミニマムが小さく、暇つぶしには最高でした。ルーレット(テーブルタイプでも)20ペソ。

とにかくマニラは最高でした。

カジノ・ゲーム

◎管理人から

マニラやセブ島のカジノには散々お世話になった?私です。

マニラに年間2ケタ渡航をしていた頃(2003~2006)は、主にクラップスで遊んでいました。ラスベガスは別として、東南アジアのカジノでクラップスが楽しめる場所は貴重だったんです。

フィリピンにミドルステイしていた時期は、同棲していたフィリピーナがいたので風俗にはあまり行かず(行く必要もないので)、ほぼ毎晩カジノ通い。少ない予算で長く楽しめるPaigow Pokerばかりでした。

ブラックジャックや、その変形のポンツゥーンは面白いですが、ツキの無いときはアッという間に手持ち予算が無くなってしまうので。

マカオに渡航を繰り返すようになってから、バカラもたしなむようになりました。ことバカラに関しては、フィリピンのカジノは最高だと思っています。低いミニマムのテーブルでも、絞らせてくれるからです。

絞りのないバカラ(マシン含む)は、味気ないと思ってしまう私なので。

Y2様がおっしゃるように、安いミニマムで時間潰しが可能なフィリピンは、セレブではないギャンブラーにとって3拍子(酒、女)揃った場所だと今でも思っています。

英語通用度がメチャ高いのもフィリピン夜遊びの大きなメリット。ただし、飯は・・・・ねぇ・・・。トロトロ(庶民の食堂)で口に合うフィリピン料理って、限られてしまうんですよね。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【フィリピン関連記事】

世界のセックス☆ツーリズム、その実態

セブパシフィックは各地で増便

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)